金曜ドラマ「コウノドリ」第5話 次回予告のレビュー

皆さんこんにちは。

金曜ドラマ「コウノドリ」の第5話の次回予告が配信されました。

今回の妊婦はまさかの中学生です・・・・・・。

当の本人たちには事態に他人事で、親となった自覚がほとんどないようですが大丈夫なんでしょうか?

第5話のレビューをチェック!

スポンサーリンク
336×280

金曜ドラマ「コウノドリ」第5話 次回予告のレビュー

中学2年生の少女・吉沢玲菜(山口まゆ)が病院に診察に訪れます。

検査の結果、妊娠8ヶ月であることが判明。妊娠22週目以降は法的に中絶が不可能です。

当事者を置いておいて進む話し合いにサクラは苦言を呈します。

「赤ちゃんの親はこの二人です。中学生だろうとちゃんど考える責任があります」

エコー検査をうける玲菜は「CGアニメみたい」と現実感がないようです。

しかし、そんなことと関係なく大きくなっていくお腹。出産の時期が近づいていきます。

一方、サクラは偶然ある人と再会します。

「あなたは僕のお母さんだったんですね」

ある人とはサクラの実の母親だったのでしょうか。それとも・・・・・・


未成年の妊娠という色々物議のかもし出しそうなテーマです。

この手の話は過去に何度もドラマ化されています。志田未来が主演していた「14才の母」あたりが有名ですね。

シリーズを通してこのテーマが扱われるような話ですが、コウノドリではどう一話に収めてくるのでしょうか。

また、これまで謎に包まれていたサクラの過去にも触れるようです。

サクラがどうして孤児院施設に入ったのか、母親は誰なのかも明らかになるのでしょうか?

← 第4話のレビューをチェック!

→ 第5話のレビューをチェック!

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です