サッカー日本代表 W杯アジア2次予選シリア戦はポゼッション志向?

皆さんこんにちは。

サッカーロシアワールドカップ2次予選のシリア戦が迫ってきました。

前回の記事では注目選手を挙げました

今回はシリア戦で取るであろう戦術についての話です。

ハリルホジッチの戦術の引き出しを見せてもらおうか。

スポンサーリンク
336×280

サッカー日本代表 W杯アジア2次予選シリア戦はポゼッション志向?

試合で用いる戦術について

サッカーニュースを見ていたら気になる記事を見つけました。

ハ リルホジッチ監督は試合前々日の非公開練習でディフェンス面の戦術を選手たちに意識させた模様。槙野智章によると「ボールを失った瞬間から6秒以内に奪 い返すことを徹底的にやった」ようだ。ここまでの予選では、日本が反転速攻を狙えるような状況はあまりなかったが、シリア戦では明暗を分けるポイントにな るかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-00000017-ism-socc

これはご存知バルセロナの6秒ルールですね。

ボールを失った瞬間から敵にプレスをかけ奪い返し、6秒で奪い返せない場合はディレイに切り替えるというやつです。

加えて、シリアの気温は現在35度。この気候でプレッシングを続けることは不可能です。

今回のシリア戦ではラインを高く設定し、ポゼッションを高めつつ、奪われたときには速攻で取り返すスタイルをとるんではないかと思います。

ちなみに、シリアの得意戦術はカウンターです。引き気味に構えて一気に反撃したいシリアと日本で利害が一致しています。

グループ争いから考えてもポゼッションになる

この点から考えても、シリアはカウンターのほうがメリットがあります。

シリアは勝ち点9でグループ首位。日本が勝ち点7で後を追っています。1次予選にストレートインするのはグループ1位だけです。

シリアは日本と引き分けでも首位をキープできることから、ドン引きでスコアレスドローに持ち込んでも悪くない結果といえます。


さて、日本代表にとって懸念があるとすればピッチコンディションが劣悪ということです。

デコボコなピッチはパスに影響するので、ポゼッションを高めれば高めるほどスキルが要求されます。

最悪はポゼッションを高めようとした結果、イレギュラーでずれた横パスがカットされてカウンターされる展開です。

いろいろ考えてはみましたが試合は水物。予想が全くあたらないかもしれません。

今回負けてしまうと1位通過が難しくなり、混戦に巻き込まれるため、是が非でも勝って欲しいところです。ガンバレ日本代表!

追記

見終わりました。シリアは前半で完全に力尽きたようで後半はマークがゆるゆるになっていました。

結果、岡崎がファールを誘ってPKゲット。

2点目は前半がっちりマークされていた香川が一人抜き去りボックスに侵入し、岡崎がゴール。3点目本田がつぶれながらの宇佐美となりました。

宇佐美が入ったからというよりはシリア側の問題でしょう。後半5分であれっ?と思うくらい日本の選手がフリーになっていたので。

一応開催地は中東なのでシリアは気候になれているはずなんですが・・・・・・。

課題点は西川がかなり危なっかしいプレイをしていたことと、前半山口へのパスが狙われていたことでしょうか。

特に西川は後半のセーブがなければ5.5点つけられていた出来だったと思います。フィードも割とひどいのが一本ありましたし。

槙野と吉田が割と近くに居る割にはシリアがプレスしをかけてこなかったのはラッキーでした。

シリアの2TOPは一人がDFに、一人がボランチ付近についていたので、猛烈にプレスされるとボランチへの苦し紛れのパスがカットされていたんじゃないかと思います。

何はともあれ日本がグループ首位に立ったのは喜ばしいことです。この調子で首位通過をお願いします!

← サッカー日本代表 W杯アジア2次予選シリア戦の注目選手について

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です