紅葉狩り 2015年の紅葉前線を追いながら名所のまとめ(11月上旬 近畿編)

皆さんこんにちは。

2015年の紅葉前線を追いながら名所をまとめました。

前回は10月下旬で東北・北陸までの紹介でした

今回は11月上旬の紅葉前線と名所を見てみたいと思います。

京都は特に名所揃いで目移りしてしまいますね!

スポンサーリンク
336×280

紅葉狩り 2015年の紅葉前線を追いながら名所のまとめ(11月上旬 近畿編)

紅葉前線です。11月上旬は近畿・中国地方が見ごろになりそうです。

japan

11月1日~11月10日

近畿からは京都です。ここには紅葉の名スポットが集結しています。

高台寺は豊臣秀吉を弔うために妻ねねが開創したお寺です。貴重な建設物で、表門、霊門を始め10種類以上の重要文化財として登録されています。

敷地内には紅葉、文化財、竹林と見る場所が数多くあり、見るものを飽きさせません。

http://sanpo02.lolipop.jp/sanpo/

秋の夜間は臥龍池・臥龍廊がライトアップされます。

昼間はもちろんのこと、夜間の紅葉は更に神秘的で風景に引き込まれそうになります。

http://k-kabegami.com/kotaijiyakei/4.html

事前の申し込みが必要になりますが、座禅、茶道を体験できるイベントもあります。(お申し込みはこちら

拝観時間は9:00~17:00。10月下旬から12月初旬までは日没後から21:30までとなっています。

拝観料は大人600円、中高生250円、団体(30名以上)500円、小学生は無料となっています。

アクセスですが、京都駅から市バス206(東山廻り)で東山安井停下車で徒歩5分。タクシーで京都駅から15分です。

続いて青蓮院門跡です。

青蓮院門跡は天台宗の三千院、妙法院とともに、三門跡寺院の一つに数えられるお寺です。

門前跡は皇室、摂関家が入寺する寺院を指しており、青蓮院も皇室とゆかりがあります。

http://k-kabegami.com/syoreninmonzeki/5.jpg

http://k-kabegami.com/

拝観入口に建つ長屋門の前には、楠木の巨木が5本植えられており天然記念物に指定されています。

池や建造物も合わせて紅葉を楽しむのが京都流です。

長屋門

http://www.shorenin.com/temple/

夜間はライトアップされますが、青色の光が多く当てられるのが青蓮院門跡の特徴です。

大小1000の照明器具で照らされた庭園は、昼とはまた違った幻想的な景色を楽しめます。

http://www.shorenin.com/night/

拝観時間は9:00~17:00(16:30受付終了)、夜間特別拝観は10月30日~12月6日の期間で18:00~21:30(22:00受付終了)です。

拝観料は大人500円、中高生400円、小学生200円となっています。

アクセスは京都駅から市バス206に乗って神宮道下車で徒歩3分です。

今年の青蓮院の紅葉の見ごろは少し遅れて11月中旬ごろになりそうです。詳しくは公式ページをご覧ください。(青蓮院門跡ホームページ

京都からは最後に京都御苑の紹介です。

1869年の東京遷都に伴い公家が京都から移転し、土地は急速に荒廃していきました。このことを天皇陛下が哀しまれたことにより、保存・整備が進められたのが京都御苑の始まりです。

現在の京都御苑は皇居外苑、新宿御苑と共に国民公園とされています。

京都御所を取り囲む京都御苑の総面積は65ヘクタール。外周九門五口といって、9つの御門と5箇所の切通しが出入り口となっています。

堺町御門

http://fng.or.jp/kyoto/place/point.html

園内には梅や桃、桜が植えられており、どの季節に立ち寄っても色とりどりの花が迎えてくれます。

秋にはイチョウ、マツ、ケヤキが一斉に紅葉を始め、園内を真っ赤に染め上げます。

京都御苑の紅葉

(http://photograph.pro/)

施設も充実しており、休憩所が3箇所、茶室にテニスコート、ゲートボールまで設置されています。

アクセスは地下鉄烏丸戦の今出川駅から徒歩5分。市バスでは烏丸今出川から徒歩5分です。

公園のため拝観料は無料となっています。

中心部には京都御所があり秋には期間限定で一般公開されています。詳しい情報は別記事でまとめましたのでご確認下さい

大分長くなったので中国編は次でまとめたいと思います。

← 10月下旬は東北・北陸が見ごろです

→ 11月上旬は中国が見ごろです

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です