銀河英雄伝説がコミカライズ!アニメ化とゲーム化はどうなる?

皆さんこんにちは。

「銀河英雄伝説」といえば押しも押されるSFの超巨編です。

ファンも一際多い作品ですが、なんと新コミカライズされるという話が!

SFファンの間では多いに盛り上がりをみせています。

掲載雑誌はまさかのヤングジャンプですよ!!

スポンサーリンク
336×280

銀河英雄伝説がコミカライズ!アニメ化とゲーム化はどうなる?

「銀河英雄伝説」を藤崎竜が再漫画化!ヤングジャンプで連載スタート!

http://www.cinematoday.jp/page/N0076840

銀河英雄伝説が連載されるのはヤングジャンプ。描かれるのは同作品のファンでもある藤崎竜ということで期待が高まります。

連載は10月8日発売のヤングジャンプ45号からスタートです。

原作に準拠したものとなるのか、オリジナルを挟んでくるのは構成も気になるところです。

ここに来て続々と展開のある銀英伝

アニメ化についての話も2ヶ月ほど前から話題に上がっていました。

新作アニメとして2017年に放映されることが発表されています。製作はProduction I.G.が担当します。

ストーリーについてはまだ明らかになっていません。原作に準拠したものとなるのか、オリジナルか、はたまた今回のコミカライズなのか気になるところです。

実はゲーム化も予定されています。

DMM.comにて公開予定されていた「銀河英雄伝説タクティクス」というゲームです。

当初は2014年9月にリリース予定でしたが、クオリティアップのため2015年の春へ延期。さらに2015年の秋へと延期されています。

これまでも舞台化を頻繁に行っていたりと動きは常にありましたが、ここ最近の動きは特に目立ちます。

時期的に考えると、製作期間や地上波であれば放送枠の調整が必要なアニメが決まっていて、話題が絶えないような間隔で他のメディアをリリースしていく感じでしょうか。

となると2016年にも何かしらのメディアで動きがあるのかもしれません


銀河英雄伝説

 原作は、田中が1982年に発表した、銀河系が舞台のスペースオペラ小説。銀河帝国に生を受けたラインハルト・フォン・ローエングラムと自由惑星同盟の 軍人ヤン・ウェンリーという二人の主人公の活躍を軸に、戦争や策略、人間の葛藤を描く。本編は全10巻、外伝は5巻まで刊行されており、シリーズ累計発行 部数は現在までに1,500万部を突破。1986年に一度コミカライズされ、1988年にアニメ化。2011年には舞台化が実現するなど、数々のメディア ミックスを果たしているロングセラー作品だ。

http://www.cinematoday.jp/page/N0076840

藤崎竜

1992年、週刊少年ジャンプにて、「PSYCHO+」で連載デビュー。
1996年、「封神演義」(原作は安能務訳『封神演義』)を連載し、ヒット作となる。また、1999年に、「仙界伝 封神演義」としてアニメ化された。続いて2002年に「サクラテツ対話篇」を、2004年に「Wāqwāq」を連載。
その後はジャンプスクエアへと移籍し、2008年にSQで「屍鬼」(原作は小野不由美の同名小説)を連載させ、ヒット作となり、2010年アニメ化された。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E8%97%A4%E5%B4%8E%E7%AB%9C

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です