まったく、日本の紅葉は最高だぜ!カナダとの紅葉の違いについてまとめ

皆さんこんにちは。

あと数日で9月も終わり、秋が本格化する10月になります。

秋といえば芸術の秋、食欲の秋な訳ですが、この季節に楽しめるのが紅葉狩りです。

紅葉狩りは花見ほど人気がないと思っていませんか?

実は日本の紅葉狩りは世界で見ても美しいんだとか!!なぜなんでしょう?

スポンサーリンク
336×280

まったく、日本の紅葉は最高だぜ!カナダとの紅葉の違いについてまとめ

momiji

なぜ紅葉が起きるか?

春から夏にかけて青々と茂る葉っぱは、太陽の光をより浴びて光合成するために必要なものです。

ところが季節が秋になると日照時間が短くなり気温下がりだします。そうすると光合成が活発に出来なくなり、不用になった葉を落そうとします。

このとき樹木は枝と葉の間に離層と呼ばれる層を作ります。離層が作られることにより葉に栄養や水分が行き渡りづらくなりますが、この状態が続くと葉緑素が変化し、葉の色が緑色から赤色へと変色します。

これが紅葉のメカニズムです。

なぜ日本の紅葉は美しい?

紅葉といえばカナダをイメージする方が結構多いのではないでしょうか?

カナダといえば国旗に楓、特産品がメイプルシロップと紅葉には馴染みのある国ですが、日本の紅葉とは少しイメージが違うようなのです。

カナダの樹木は冷帯に多く分布している針葉樹が圧倒的に多いです。針葉樹の葉は広葉樹に比べ蒸散が少ないため、葉が中々落ちません。

ヒノキやマツ、スギといった樹は針葉樹に属しています。

http://www.cofi.or.jp/sites/default/files/spf-canada-map-legend.jpg

http://www.cofi.or.jp/

一方で日本の樹木は広葉樹林、落葉広葉樹林と呼ばれるものがカナダに比べて多いです。これらの葉は広く効率的に日光を浴びることが出来ますが、蒸散も多いため冬場は積極的に葉を落そうとします。

日本で一般的なブナやミズナラ、カエデはこちらに属しています。データによると日本の森林の3割程度は広葉樹のようです。

樹種別面積

http://www.shinrin-ringyou.com/

二国の違いは樹木の種類の割合ということになります。

そして、広葉樹と針葉樹は紅葉にも差があって、一般的に針葉樹の紅葉は真っ赤なものより黄色になる物のほうが多いです。

つまり、カナダは針葉樹が大部分を占めているため黄色の単色の紅葉になりやすく、日本は広葉樹の割合が多いため赤が多い紅葉になりやすいということになります。

この点については優劣はありませんが、赤色は人の目を引くため日本の紅葉は一際鮮烈に映るようです。

まったく、日本の紅葉は最高だぜ!

momiji2

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 名無し より:

    カナダの紅葉といっても所により、だいぶ違います。
    紅葉はオンタリオとケベックの楓、黄葉はロッキーのアスペン、後、太平洋岸の方で銅色になる場所があったような。
    カナダの方がスケールが大きいように思われます。オンタリオのアルゴンキン州立公園などはほとんど楓だと思ったのですが、楓の種類によって色が黄、紅、茶、紫の木があり、針葉樹がないので、森林全体が深みのある色合いとなっています。
    日本の紅葉は1本1本は美しいのですが、遠景では緑が多すぎの感じをうけました、

    • なっさん より:

      カナダと一口で言っても広いですから色々あるんですね~。
      情報ありがとうございました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です