敬老の日 貰って嬉しいプレゼントの法則

皆さんこんにちは。

9月21日は敬老の日。シルバーウィークということもあり実家に足を運ばれる方も多いんじゃないでしょうか。

あわせてお菓子を持っていくと喜ばれますが、品には注意しないと逆に機嫌を損ねてしまうかも!

ということで喜ばれやすいプレゼントについてまとめてみました。

意外と見落としがちなポイントもあるので、知っておいて損はありませんよ。

スポンサーリンク
336×280

敬老の日 貰って嬉しいプレゼントの法則

57c7cc69618eba8061a8581baf90dd15_s

奇をてらったものは避けましょう

ギフトは王道のもの品にしましょう。

ギフトは相手を第一に考えるもの。自己表現の場ではありません。よほど自分のチョイスに自信の無い限り、奇をてらったものは避けましょう。

相手はこれまで何度もお歳暮や贈り物を受け取っています。下手な変化球は逆効果です。

悪く言えば、贈り物とはこういうものという固定観念があるため、わざわざリスクを冒す必要はありません。

量より質にこだわる

基本的には量よりは質に重点を起きましょう。

食べ物や日常品などに関わらず、お年寄りが消費できる量はたかが知れています。一人暮らしの方であればなおの事です。食べ物であれば保存の利くものの方がよいでしょう。

また、相手の好き嫌いも重要です。特に病気やアレルギーで合わないものは、貰っても捨てられてしまうという悲しい事になりますので、最低限把握しておきたいポイントです。

もし量が多いものであれば、お隣さんにおすそ分けが出来るようなものがいいですね。ある程度小分けされているものはグッドです。

手間が掛かるのを許容できるならば手作りのものも喜ばれます。ただし、上述した好き嫌いは忘れないようにしましょう。

一言添えられていると最高

贈り物は気持ちを込めるもの。プレゼントだけでは気持ちは中々伝わりづらいものです。

そういったときはプレゼントカードに一言書いて添えましょう。伝わりづらかった気持ちを補完できます。特に孫からのプレゼントカードであれば最高です。

さて、心構えだけ言われても困るという方向けに、何品かチョイスしてみました。

こちらの記事をどうぞ

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です