iPhone6Sは3段階感圧を搭載!最大の恩恵を受けるのはゲームか

皆さんこんにちは。

iPhone6sの発表日がそろそろという記事を書きましたが、新しい機能が搭載されることがわかりました。

その名も3Dタッチディスプレイです!!

より直感的な操作が可能になるディスプレイらしいです。

なにやら気になる名前ですね。一体どのような機能なのでしょうか?

スポンサーリンク
336×280

iPhone6Sは3段階感圧を搭載!よりセンシティブな操作が可能に

 (http://ascii.jp/elem/)

これまでのiPhone6SにはAppleWatchに搭載されていた感圧タッチが搭載されるのではとの憶測が飛び交っていました。

今回明らかになったのは進化した感圧タッチの3Dタッチディスプレイです。

3Dタッチディスプレイって何?

感圧タッチがタップとプレスの二段階で感知が可能だったのに対して、3Dタッチディスプレイはタッチ、プレスに加えディーププレスが認識できる新機能です。

それまでタップ一回で出来なかった操作にディーププレスが割り当てられることで一回で操作が可能になります。

他の動作とディーププレスを組み合わせることによって更に操作が広がります。

最大の恩恵を受けるのはゲームか?

この機能が追加されることで真価が発揮されるのは恐らくゲームではないでしょうか?

真っ先に思いついたのはディーププレスでハイジャンプですが、タッチとディープタッチの併用によって重心のようなものが表現できたりするかもしれません。

16307111_400x400

現在のゲームでは画面内の移動を指示する時はタッチやドラッグアンドドロップで操作しますが、二点間でぐっと押し込んだ方に動くなどの表現も可能に。これだとスポーツゲームやレースゲームの操作の幅が一気に広がりそうです。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です