佐野研二郎 五輪エンブレム原案の盗作が発覚?

皆さんこんにちは。

ここのところ佐野研二郎氏がらみの記事ばかり更新している気がします。

今問題になっている五輪エンブレムには原案があるのですが、

それが他の案と酷似していたため問題になっています。

比べてみると確かに似ているなぁと感じてしまうものでした。

スポンサーリンク
336×280

佐野研二郎 五輪エンブレム原案の盗作が発覚?

盗作元といわれているのは2013年に開かれた、ドイツタイポグラファーの故ヤン・チヒョルト氏の展示会でのロゴです。

C4F7-620

http://www.tokyoartbeat.com/event/2013/C4F7

イニシャルのJ、Tを直線部分とそれ以外に分けて構築したことで、Jとドットのデザイン的な関連が生まれています。

一方下の画像は佐野氏の五輪エンブレム原案です。

1564389p

http://www.nikkansports.com/

タイポグラフィーは構成要素が少ないから似てしまうこともあるんでしょうが、問題はtwitterで佐野氏がこの展示会に行ったとツイートしてしまってる点です。

web魚拓(MR_DESIGNが佐野氏のアカウント)

盗作を認めていない佐野氏ですが、盗作元と疑われている作品を見る機会があったってことですね・・・・・・。

佐野氏の作品で一番うそ臭いのが、デザインのコンセプトに説得力が感じられないことです。

五輪エンブレムの黒⇒色が全て集まると黒になる

美術館のデザイン⇒手を取り合った輪をイメージした(実際は円)

盗作元といわれているデザインを見ると、名前や事実をどうやってデザインに落とし込むか苦心したかが伝わってきます。

だからこそ、デザインしの理由に納得感があるのですが・・・・・・佐野氏からはそれがありません。

原案でも盗作が疑われ、修正案でも盗作が疑われときりが無い状態です。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です