防災の日 あなたの家は避難経路は大丈夫?google防災マップ

皆さんこんにちは。

9月1日は防災の日です。

災害は忘れた頃に起きるもの。備えあれば憂い無しです。

今回は災害時に重要な避難経路について面白いアプリが提供されていましたのでご紹介します。

こういった日には防災意識を思い出して、気を入れなおしましょう。

スポンサーリンク
336×280

防災の日 あなたの家は避難経路は大丈夫?google防災マップ

googleから避難場所などをまとめて確認できる防災マップが提供されていますのでご紹介します。

防災マップはこちら

ゆれが落ち着いてから避難場所に向うわけですが、場所やその経路を予め決めておくことで避難をスムーズに行うことが出来ます。

災害が起きたときは建物の倒壊の危険性があるため、直ぐに外に出ないのは鉄則です。

防災マップ見ることが出来るのは公衆電話、避難場所、火災危険度、建物倒壊危険度などなど多岐に渡ります。

災害が発生した際に備えて避難所情報、公衆電話は事前に確認して起くと万が一のときも安心です。

避難所情報

渋谷を確認してみるといくつか確認できます。黄色の○で表示されているのが帰宅支援ステーションです。

避難所は市民会館や学校、保育園などが指定されています。

shinjuku_hinan

公衆電話・特設公衆電話

緑色の電話が公衆電話、黄色が特設公衆電話です。街中では見かけなくなった気がしますが、マップを見ると結構な数が設置されていることに気づきます。

ちなみに特設公衆電話とは施設の管理者が災害時に設置する電話のことです。

shinjuku_tel

火災危険度

火災危険度は緑色の危険度1から赤の危険度5まで。駅などの巨大建造物よりも、住宅街のほうが基本的に高くなる傾向があります。

火災旋風が発生する可能性の高い地域を注意が必要です。

shinjuku_kasai

東日本大震災から4年以上経ちましたが、日に日に防災意識が薄れている薄れているとのアンケートもあるようです。防災の日を機会に一度見直してみてはいかがでしょうか。

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です