防災の日 色々な安否情報確認サービス!

皆さんこんにちは。

9月1日は防災の日です。防災グッズを買い込むのも結構ですが、安否確認を行う手段は確保されていますか?

一般に普及しているのはNTT東日本の災害用伝言ダイアル171ですが、メッセージ登録の際には固定電話の番号が必要という弱点があります。

人によっては使えないケースも出てきますので、ここでは171以外の安否情報確認の方法をご紹介します。

万が一に時に備えてやり方を覚えておきましょう!

スポンサーリンク
336×280

防災の日 色々な安否情報確認サービス!

web171

171の固定電話番号が必要という点を改善したのがweb171です。

固定電話に限らず、携帯、PHSの番号でも登録可能。サイトはこちら

登録できる内容は、「無事です」「被害があります」「自宅にいます」「避難所にいます」の4つと、追加で100文字の伝言です。

ちなみに117に登録できない方のため、各携帯のキャリアが伝言板を用意していますが、そちらに登録した伝言もweb117で見ることができます。

安否確認側はweb117を使ったほうが一元管理できてよさそうです。

SNS

災害時は電話が繋がりにくくなるためtwitterやfacebookといったSNSもオススメです。こちらは一斉に安否情報を拡散できるのがメリット。

googleパーソンファインダー

google提供の安否情報システムです。サイトはこちら

人の検索と、安否情報の提供が出来ます。

情報提供の内容は名前等の個人情報から、写真、当人の状況、見かけた場所までと多岐に渡ります。情報保存期間も1年以内から選べます。

災害時に必要なものは

災害時にまず確保しなければならないのは3日分の水・食料と、正確な情報と言われています。いざというときのために情報伝達の手段は確保しておきましょう。

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です