防災の日 対災害SNS情報分析システム「DISAANA」使ってみた

皆さんこんにちは。

9月1日は防災の日です。

防災グッズなどを購入している方も多いと思いますが、災害時に最も必要なものは正確かつ最新の情報です。

ラジオなどが鉄板ですが、東日本大震災以降、SNSを用いた災害情報の収集が注目されています。

そんな訳で面白いサービスを見つけたので使ってみました。

スポンサーリンク
336×280

対災害SNS情報分析システム「DISAANA」を使ってみた

「DISAANA」は国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が作成したツールで、twitterのツイートを分析し、災害情報をいち早く収集できるツールです。

SNSでの最大の問題はデマや見間違いといった情報の正確性ですが、「DISAANA」は矛盾するツイートを抽出し、回答に表示するといった機能を備えています。

試しに使ってみた

図は最初の設定画面。とりあえずデフォルトのままで使用してみます。

disaana01

ターゲットは直近の2015年8月18日 15時52分ごろの群馬県北部の地震とします。

disaana02

群馬県の地震で検索します。うまく表示されるかな?

disaana03

回答結果は見事に震源地の津田沼でした。しかし情報元はニュースのツイートから判断したものでした。信憑性の高いデータですし、震度も小さく情報の混乱もないため回答を得るのはそれほど難しくはないと思われます。

disaana04

ここまでは小手調べ。次は実用的な条件でやってみましょう。

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です