香川真司がメーヘングラッドバッハ戦でアシスト!

皆さんこんにちは。

岡崎が新天地でゴールするなか、こちらのシンジも負けてはいませんでした。

ドルトムントの攻撃陣が爆発し、終わってみれば大差での勝利でした。

その攻撃時の中でも重要な役割を担っている香川真司!

日本のダブルシンジが活躍するとやっぱり嬉しいですねw

スポンサーリンク
336×280

香川真司がメーヘングラッドバッハ戦で1アシスト!

8月16日、ブンデスリーガ開幕戦。昨シーズンの背番号7から23番へ戻した香川真司はドルトムント対BMG戦のトップ下で先発出場。

前半1分、いきなりの香川のスルーパスからオーバメヤンが抜け出しゴールしますが、コレはオフサイドの判定。(恐らく誤審・・・・・・)

前半15分、後方からのフンメルスのパスを中央の香川がダイレクトで左のロイスへパス。そのままロイスが右足を振りぬいてゴール!

ドルトムントの攻撃は続きます。

前半21分、またしても後方のフンメルスから左サイドへ長いパス。シュメルツァーからのクロスにオーバメヤンがヘッドであわせ2点目!

まだまだ終わりません。前半33分、久々のBMGの攻撃でゴール前からキーパーが大きくはじいたボールに香川がチェイシング。

ギュンドアンが前方へパスし、オーバメヤンが圧倒的なスピードで追いつきます。ゴール前で左へパスし、追いついたムヒタリアンが落ち着いてゴール!

ハーフタイムを挟んでもドルトムントの勢いは止まりませんでした。

後半5分、ハーフライン付近から香川が前方へ浮き玉のパス。右サイドにいたロイスがボールを拾い、ボックス内で冷静にムヒタリアンへ折り返し追加点。

続いてオーバメヤンとのパス交換から香川が抜け出しGKと1対1に。これは惜しくも枠の左側へ。

最終的には昨シーズン3位のBMG相手に4-0と大爆発したドルトムント。

強烈なのはフンメルスの活躍でした。後方からの長いパスに加え、押しこんでいるときは隙を見て前線付近まで仕掛けていました。

香川真司もブンデスリーガ開幕初戦でBMG相手に1アシストとまずまずの出来といえるのではないでしょうか。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です