サマーウォーズ 金曜ロードショー(2015年7月3日)のあらすじ

皆さんこんにちは。

金曜ロードショーにて「サマーウォーズ」が放送されます。

劇場版は2009年公開でした。

広告も結構出ていて記憶にあるのですが、当時は結局見に行きませんでした。

ということで、今回はテレビでじっくりと鑑賞したいと思いますが、その前に予習です!

しかし、今回映画「バケモノの子」の公開にちなんで、

地上波で細田守監督の映画3週連続放映ということで取り上げてみました。

http://s-wars.jp/special/images/SW-Wallpaper1-S.jpg

http://s-wars.jp/special/images/

あらすじ

健二は普通の高校二年生。

人よりちょっと得意なのは数学で、数学オリンピックの日本代表になれなかった程度。

仮想空間「oz」でメンテナンスのバイトをしながら夏休みを過ごしていた。

ある日、学園のアイドル夏希が部室にやってきて、田舎で夏休みのバイトをやらないか持ちかける。

健二は流れでバイトに参加するために長野県へ。

「夏希をちゃんと幸せにする自信はあるかい!?」

バイトとは夏希のフィアンセのふりをすることだった!!

夏希の祖母・栄に認められ、大家族に歓迎される健二。

そんな中、突然先代の隠し子と自称する侘助が現れる。

もやもやを抱え、眠れない健二に謎のメールが夜中に届く。内容は意味不明な数列。

健二は一心不乱に数列を解いて解答を返信する。

翌朝、TVに映される健二の顔。

それは、仮想世界「oz」を大混乱させた犯人として報道されていた。

健二は真相を探るため、ozにアクセスする。

OZって何?

インターネット上の仮想世界。

もう一つの現実世界と言ってもよく、アバターという自分の分身を用いて生活を送ることもできる。

アバターは現実世界とリンクしており、アバターが乗っ取られることは、

現実世界での権限がそのまま奪われたことを意味する。

監督 細田守

中学生時代にルパン三世「カリオストロの城」を見て衝撃を受ける。

絵コンテ、演出を担当した後、「劇場版デジモンアドベンチャー」で監督を担当。

その後、東映で「ハウルの動く城」を途中まで担当していたが企画そのものが中止となる。(その後復活した。監督は宮崎駿へ変更)

フリー後は映画「時をかける少女」、「サマーウォーズ」の監督を担当しヒットを連発。

現在は2015年夏公開予定の「バケモノの子」を製作中。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です