日曜ドラマ「99.9%」第10話レビュー

皆さんこんにちは。

「99.9%」第10話のレビューです。

最後まで高視聴率で走り続けた99.9%も今日でついに最終回です。

この濃いメンバーも見納めと思うとなんとも寂しいものがあります。ありがとう松ジュン、ありがとう香川さん。

日曜ドラマ「99.9%」第9話レビュー

スポンサーリンク
336×280

日曜ドラマ「99.9%」第10話レビュー

99.9

最後の殺人事件

最終回の今回も殺人事件です。2人の女性が亡くなっており、被告人の毛髪と血痕が現場で見つかっているという、容疑者がほぼクロ確定のような状況です。ここから無罪を掴むことが出来るんでしょうか?

そんななか無言で現場に向かいうろちょろする深山。いつもの深山ですねぇ。しかし胸中は穏やかじゃないようで、過去に冤罪となった深山の父が「やっていない!」と言うシーンが頻繁にフラッシュバックします。

そして、前々関係なさそうな静岡の殺人事件にも向かう深山。週刊誌の編集部に突入してました。この編集者がかなりやり手のようで、深山も色々ちらつかせて協力を取り付けます。

調べてみると今回の2件の殺人事件と同様の手口で、襲った目的だけが違うということに。何か関連性があるんでしょうか?

そのころ、佐田と立花は容疑者の有力なアリバイ供述を聞くことができ、それが実証したところでした。コレは勝ち確でしょう!

前提条件をぶっ壊す検察

アリバイ確定で被害者の無実が証明できそう!とおもったら、検察側は犯行時刻を後から変更するというとんでもない後付。ひでぇ、これは酷すぎる。結果ありきの話でどんどん話を進めようとする検察側。

検事の丸川もさすがに犯行時刻変更はやってはいけないだろうと思ったのか、上とぶつかり合います。

佐田と深山がやりあってましたが、アリバイ証明だけでは不足だ(実際はこんな綺麗なことは言ってないですが)と言っているのがあたってしまいました。結果的にはアリバイ証明作戦が潰れてしまい、真犯人を捕まえるしかなくなりました。

被害者の共通点

いつもの居酒屋を会議室にして、やんややんや話し出す深山達。加害者のほうから考えるのはそろそろ限界か?逆に被害者に何か共通点はないか?視点を変えて調査をすることになりました。

すると、被害者は5年前同じ病院に入院していたことが判明。被害者たちは知り合っていた可能性があることもわかりました。なんと、今回殺された被害者3人は同じ病室。これはこのメンバーで重大な秘密があったとしか思えません。

病室は4人部屋でしたが、唯一生き残った女性が海外から戻ってくることに。即座にとっ捕まえて話を聞くと、第一の被害者が、医者に体を触られていて騒いだということが判明。このセクハラ医者がなんと都知事に立候補している高山。

極めつけは今回の事件の容疑者もこの病院で人間ドックを受けていました。現場の血液が入手できる機会があったってことですね。

状況証拠は山のように出てきましたが、まとめると

  • 被害者3人は5年前に病院で同じ病室にいた
  • 病室で医者からのセクハラ事件あった
  • 示談したものの医者(都知事)は示談相手に脅される
  • 当時病室に居た人を全員殺害?
  • 罪を擦り付けられた容疑者の血液をゲットすることもできた

このことを都知事に打ち明けると崩れ落ちましたw

法廷では真犯人が自供したということで一件落着しますが、深山は冤罪であれ一度崩れた生活は取り戻せないことを訴えます。父が冤罪で死に、これまでの平穏な生活を全て奪われた深山にしか言えない言葉で裁判官、裁判員に訴えます。

そして検事の大ボス、大友に「何度でもあなたの前に立ち続ける」と啖呵を切って立ち去ります。最後の最後で深山の本心が見えたというか、なぜ深山が事実にこだわるのかの行動原理がはっきりと回りに伝えられました。

深山父も草葉の陰で喜んでいるでしょう・・・・・・(Å_;)

おわりに

破天荒な深山が次々と事件を解決していきますが、佐田が途中から深山のことを認めたあたりから凄く面白くて、バディ物としてみてました。深山と佐田をトムとジェリーっていってたのが絶妙すぎて笑ってしまったw

黄金時間帯になっている9時の日曜ドラマですが、次はどんなのが入るのか楽しみですw

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です