日曜ドラマ「99.9%」第3話レビュー

皆さんこんにちは。

今期のドラマで視聴率がとても好調らしい99.9%。

巷では松本潤の結婚の噂が出て盛り上がってます。話題性もあり視聴率に好影響を与えているらしいですが・・・・・・w

そんな中の「99.9%」の第3話です。

3話にもなると、キャラクターの個性が少しずつわかってきましたね。

まだ名前も覚えてないんだけどと言う人は、第2話のレビューをどうぞ。

スポンサーリンク
336×280

日曜ドラマ「99.9%」第3話レビュー

99.9

窃盗事件と余命幾ばくもない母親

今日の依頼人は窃盗事件の容疑をかけられた娘を助けるための母。母親は末期のすい臓がんで、貯めたお金は全て娘に使っても構わないという人。なんて娘想いな・・・・・・。

とおもいきや依頼人の聴取で「私に母はいません。あんな女は母親じゃない!」

母親は娘を捨てて出てった罪滅ぼし?のためにこんなことをしている様子。なんて身勝手な母親だ!!!(掌返し)

まぁ、それはともかく命が消える最後の最後に考えたことが罪滅ぼしならば、無碍にもできません。今回もドロドロしてそうな事件ですよ・・・・・・。

二兎を追うものは一兎も得ず

容疑者がどうやってお金を稼いだかと、お金を何に使うかはわかりました。容疑者がお金の流れを言いたくなかった理由はお金の出所が風俗だったから。まぁ口を濁したくはなる理由ですな。

「母親との家を買うために必死で金を稼いでたんだろ?」というと容疑者は凄い形相で否定しますが、母親の手紙を読むと号泣。容疑者は「有罪でいいから早く母親に合わせて欲しい!」と主張してきます。

これは困った。有罪の証拠もないのに罪を認めれば事実を捻じ曲げることになってしまいます。でも、この機会を逃せば母親には二度と会えないかもしれない。立花はどっちを取るのか。

本人に全ての選択権があるならもっと簡単なんでしょうが、弁護士という赤の他人がこんな責任の伴うことを決めなきゃならないとは。その人の人生を左右する戦いになりました。

深山の事実を曲げることになるっていう話もわからないではないですが、今回は佐田の依頼人の利益を一番に考えるってのに賛成ですね。

悩む立花に颯爽と現れた斑目社長。いい事を言って立ち去ります。斑目社長って最初とんでもない狸かと思ったけども、意外と良い人なんでしょうか?前も突然現れて颯爽と去っていったし。COOL。

日曜ドラマ「99.9%」第2話レビュー

解決編はあっさりと

解決編のトリックは凄くあっさりしてました。暗証番号の見間違いはさっくりしすぎてるんじゃないかと思いましたが・・・・・・。

料亭の裏現場をゲットできたのが大きかったので、佐田の動きがあってこそだと思います。今回は余り出番がなかったけど佐田の活躍は大きかった。この99.9%って番組上は余り出ないけど佐田がいないと重要証拠がとれなくて負ける気がします。チームとしては一応機能してる感じです。

佐田と同じく深山も今回はほとんど出番なしw オムレツつくって人の弁当にいちゃもんつけただけな気がします。オムレツは旨そうだったけど。

深山の暗そうな過去

事件が終わって一人一杯やる深山。幼い頃の自分?を思い出していました。子煩悩っぽい父親がスーツ姿の人とケンカ腰に話している姿はどう見ても穏やかなシーンではないです。それを後ろから怯えてみる母親と深山。もしかして借金取り?そのあとに深山の死んだ目でシーンが終わります。

死んだ目の直前に背丈の違ういくつかのこけしが映っていたので、家族の暗喩だろうと思います。なにかの事件があって深山家がばらばらになった、事実が明らかになっていればそうはならなかったのにみたいな過去話なんだろう予想。

深山の行動原理が少しずつ小出しにされてきましたね。

おわり

今回は立花の成長話?でした。事実を見つけて、なおかつ依頼人の希望も適える、二兎を追って二兎得た立花。深山や佐田だったらこの結末にならなかったんじゃないかなと思います。2人の行動原理は決まってますから、自分にとって必要な一兎を捕まえたら、もう一兎はもういいやとなるんじゃないかと。

今回は立花様々の話でした。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です