日曜ドラマ「99.9%」第1話レビュー

最近はジャニーズや芸人の出てるドラマのアタリ率が凄いと思います。

スペシャリストもそうですが、この「99.9%」もかなり面白い。

役者の個性と脚本の手腕が上手くマッチしているようなそんなドラマがまた始まりました。

最近はこういう手法がトレンドなのかもですね。

ということで「99.9%」の第1話のレビューです。

スポンサーリンク
336×280

日曜ドラマ「99.9%」第1話レビュー

99.9

日本の刑事事件は起訴されたら99.9パーセント有罪になります。なぜなら有罪になるような事件しか取り上げられないからです。起訴する側は全ての証拠が揃い、どう見ても黒だと断言できるような状況でしか行なわれません。

起訴された側は圧倒的に不利な状態です。そんななか被告人側にたって弁護を行なう超優秀な弁護士の深山が活躍するお話です。

アクの強いキャラクターにはアクの強い役者をということでジャニーズ。という流れは最近のドラマに多い気がします。

登場人物

深山(松本潤)

弁護士の腕前は超優秀。人の目は気にしない。お金にはこだわらない。あと空気が読めない!我が道を行くような人です。唯我独尊とはこのこと。

根底のあるのは事実を知りたい欲求だけ。「100人いたら真実は100通りあるけども、事実は1つしかない。」とは深山の弁。どこかの週間サ●デーで連載中のマンガに聞かせたい台詞です。

飴が大好きなのかよくしゃぶってます。将棋棋士は対局中にケーキをバクバクたべますが、頭をフル回転させてる分糖分がほしいんでしょうね。あと集中すると耳を立てる癖が。

頭はキレキレだけども、基本足で稼ぎながら捜査するタイプです。あと情報は料理しながら整理するという変わった人です。

佐田(香川照之)

同僚からは仕事をぶんどり強引な手法も辞さないやり手の男です。弁護士としての腕は超一流。民事事件を専門としていました。上昇志向が凄まじく高いです。

深山の携帯をぶっ壊して、車は大丈夫だから気にするなと笑顔で返事。気にするのお前だから!!正確は携帯の件から察しの通り。

しかし奥さんに頭は上がらないw

立花(榮倉奈々)

基本深山に振り回される人。若い弁護士ではトップクラスの成績を残しているのでやはり頭のいい人です。

ただ刑事事件は興味がなかったので不満を持ってるようですが、真実を知りたい欲求はあるみたいです。

明石(ラーメンズ片桐)

雑務、実務担当。弁護士試験20年連敗中。出来る奴かはともかく、日が変わる前から朝一までに仕事をやってくるナイスガイ。

この番組大体出来るやつしかいないですね。ラーメンズを除けば。

殺人事件の容疑者の弁護に回ることに

1話では殺人容疑の欠けられた中小企業経営者の弁護に回る深山。

防犯カメラの映像や、相手側奥さんの目撃証言など決定的ともいえる状況証拠はいくつもありますが、深山はそんな紙ペラ一枚の報告には目もくれません。情報は足で稼ぎ、実際に自分で検証して確かめる。頭はキレキレなのにやり方はえらく泥くさいです。昭和の刑事ドラマの匂いがします。

しかし、実際に検証することで事件のわずかなほころびを見つけて、99.9%に眠る0.1%の事実を引き出してしまうのが深山のやり方です。

現場では立花を振り回し、事務所では明石に丸投げする深山ですが、被告人側の証言は生い立ちなどの事件に直接関係ないところまで聞いてます。これも深山なりのやり方なんでしょう。

それにしても、深山と佐田のやり取り面白いです。狐と狸が化かしあうとこうなってしまうのか。お互いに騙し騙されニヤニヤしてます。

事件が解決し、互いの実力がわかってからの最後の握手もお互いに全く主張を譲ってませんw 結局「握手する」と「飴あげます」の両方が行なわれることに。彼らに譲り合いの精神は無いようです。

おわりに

アクの強いドラマでした。やってることは昭和のドラマなんですがキャラクターが立ってます。

まだ1話なのでキャラの内面は余り見えてきません。お金にもならない刑事事件ばっかり受けてまで、どうして深山は事実にこだわるのかが疑問です。ただの興味本位なのかそれともなにかあるのか。この先明らかになるんでしょうか。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です