2017年桜名所100選 宮城県「船岡城址公園」の見ごろとイベント情報

桜名所100選から今回は宮城県より船岡城址公園のピックアップです。

西日本では春一番のせいで桜がかなり散ってしまったということで非常に残念です。

ですが、北関東、東北、北海道はこれから桜前線が北上してくるので、まだまだ桜を楽しめる地域はありそうです。

いっそのこと桜前線を追っていって、全国各地でお花見すると言うセレブな楽しみ方もありかなと思いますw 時間のある人はぜひ。

スポンサーリンク
336×280

2017年桜名所100選 宮城県「船岡城址公園」の見ごろとイベント情報

http://www.miyagi-kankou.or.jp/file.php?act=window&i=9480&ii=4&m=3&t=1

見ごろ

4月中旬から4月下旬まで

開花時期は若干前後する可能性があるため、公式ホームページを御確認ください。

みどころ

宮城県では唯一さくら名所100選に選ばれている「船岡城址公園」です。

1200年以前に建てられたとされる船岡城が前身で、現在は小高い丘の上に建てられた船岡城址公園として整備されています。

公園の下を流れる白石川堤も桜スポットとして有名で、公園と白石川堤はあわせて見られるという方が非常に多いです。

2015年には公園と白石川堤の桜並木を結ぶ歩道橋「しばた千桜橋」が開通し、アクセスもより便利になり、2つの名所を見ようという方が増えています。

園内にはソメイヨシノを中心としてヤマザクラ、サトザクラ、シダレザクラが咲いており、桜の総本数は約1000本以上。春先になると山をピンク色に彩ります。

船岡城址公園にはスロープカーが設置されており、山頂に着くまでに桜のトンネルを何百と潜り抜けてゆっくりと山頂に向かいます。

スロープカーから見る景色は、ロープーウェイほど高くはありませんが、地面から見る程低くはなく、のんびりと桜を眺めることが出来ます。

桜まつり期間中はこのスロープカーから桜一面の景色を見るために、多くの観光客が利用します。料金は観音拝観料も含まれており、片道大人250円、小人150円です。また、期間中のスロープカーは20時00分まで運行されています。

公園の頂上に着くと高さ24mの観音像をみることが出来ます。この観音像は船岡出身の野口徳三郎氏が妻と世の太平を願って建てたものです。遠目からみても判るほど存在感があり、公園のシンボルとして市民に親しまれています。

そして観音像から振り返ると、公園中に咲いている桜と、白石川に沿って咲く桜を一望することができます。2つの桜スポットを一度に眺めることができる数少ない場所で、その光景は圧巻の一言です。

http://www.miyagi-kankou.or.jp/file.php?i=9480&ii=7&m=3&t=1

また、夜間には18時30分から21時00分までは、三ノ丸広場、駐車場脇のシダレザクラ、観音像広場、白石川堤でライトアップがおこなわれます。ぼんぼりで桜が彩られ、闇夜に艶やかに浮かぶ桜の姿は、昼間とはまた違った印象です。

イベント情報

https://www.skbk.or.jp/event/sakura_2010.html

船岡城址公園と白石川堤では毎年「しばた桜まつり」が行なわれています。

今年の開催日程は4月5日から4月23日まで。さくら祭りでは、よさこいや演舞、フラダンスやバンド演奏などいろいろな催しが行なわれます。

開園情報

開園・閉園時間: 常時開園

定休日    : なし

料金     : 無料

アクセス

車で

東北自動車道「白石IC」から約20分

東北自動車道「村田IC」から約15分

電車で

JR「船岡駅」から徒歩約15分

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です