2017年桜名所100選 京都府「京都府立植物園」の見ごろとイベント情報

桜名所100選から今回は京都府より京都府立植物園のピックアップです。

京都には桜の名所が多くありますが、その多くはお寺です。

そんな中、植物園にある桜スポットというのは異質なのではないでしょうか。

植物園らしく桜以外の植物も見ることが出来るため、桜だけでは満足できないという欲張りな人にもオススメのスポットです。

スポンサーリンク
336×280

2017年桜名所100選 京都府「京都府立植物園」の見ごろとイベント情報

http://www.pref.kyoto.jp/plant/

見ごろ

3月中旬から4月下旬まで

開花時期は若干前後する可能性があるため、公式ホームページを御確認ください。

京都府立植物園のホームページでは桜に限らず、植物の開花状況を随時お知らせしています。世界中の植物が集められているので公開されている情報も膨大です。 週間みごろの植物情報

みどころ

京都府立植物園は日本ではじめての公立の植物園です。1913年に大正天皇の即位を記念して買い取られた土地が植物園となったもので、園内は約24ヘクタールの広さを有しています。

春先になると咲き始める桜は約450本ほどですが、品種は130種類と多いのが公園の特徴です。カンヒザクラからソメイヨシノ、キクザクラなど、開花時期が違うため長い期間桜を楽しむことが出来ます。

植物園には一万種類を超える植物が栽培されており、赤道直下に咲くような花から、北の寒い地で咲く花まで、世界中のありとあらゆる植物を見ることができます。

ちなみに一般公開されている桜が130種類であって、園内には200種類近くの桜が保管されているのだとか。ノアの箱舟があればこんな感じだったのでしょうか・・・・・・。

桜スポットは正面花壇から見える桜です。春先になると花壇一杯に真っ赤なチューリップが咲き、その奥の敷地にはピンク色の桜が開花します。赤とピンクのコントラストは京都府立植物園でしか見ることのできない光景です。

園内は広いため、休憩所代わりにカフェも建てられています。また所々にベンチもあり、ゆっくりと植物鑑賞を楽しむことが出来ます。

植物園ですが、飲食物の持ちこみが可能です。ただしアルコールはNGのため、ルールを守ってお花見を楽しみましょう。

イベント情報

3月25日~4月9日の期間は日没から21時00分まで夜間開園します。桜林がライトアップがされ、夜桜が楽しめます。

開園情報

開園・閉園時間: 9時00分~17時00分

定休日    : 年末年始

料金     : 200円(一般)、150円(高校生)、無料(中学生以下)

アクセス

車で

名神高速道路「京都南IC」から京都市内北山方面へ約45分

電車で

JR・近鉄「京都駅」から京都市営地下鉄「北山駅」下車3番から「北大路」下車3番から徒歩約10分

京阪「出町柳駅」から市バス1系統または京都バス「静原」「市原」行き「植物園前駅」下車徒歩約5分

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です