2017年桜名所100選 京都府「笠置山自然公園」の見ごろとイベント情報

桜名所100選から今回は京都府より笠置山自然公園のピックアップです。

名所が多い京都府ですが、笠置山自然公園は1300年もの長い歴史を持つスポットです。

春先にはお花見を楽しむ人で溢れ返りますが、秋から冬にかけてのシーズン中にも、お祭りが開催されます。

四季を通して自然を楽しむことができる公園です。

スポンサーリンク
336×280

2017年桜名所100選 京都府「笠置山自然公園」の見ごろとイベント情報

http://tabico.jp/detail/00000000000000525970/

見ごろ

4月上旬から4月中旬まで

開花時期は若干前後する可能性があるため、公式ホームページを御確認ください。

みどころ

http://kyoto-tabiya.com/blog_rakunan/

笠置山自然公園は標高289mの笠置山に広がる自然公園です。古くから修験場としても名高い場所に笠置寺が建てられています。

「笠置」(かさぎ)の名前の由来は、遥か昔この地で狩りをしていた皇子が崖から落ちかけたときに、山の神に助けを請い、その変わりに弥勒仏の像を彫るとして目印に笠を置いたことからだと言われています。

このときに彫られた像は弥勒大磨崖仏として日本最古の天人彫刻として崇められていました。現在では戦火に見舞われて消失しており、跡が残るのみです。

園内にはソメイヨシノ、ヤマザクラをはじめ、多くの桜の木が植えられており、本数は公表されていませんが3000本とも言われています。

山頂までさほど高さはないため、春先はハイキングコースとしても人気の場所です。

自然公園内の敷地ではありませんが、河川敷にはキャンプ場もあり桜を見ながらバーベキューを楽しむことができます。木津川と桜は有名なスポットで、桜の花びらが舞うなか電車が走る光景は鉄道マニアにも人気があるそうです。

イベント情報

2017年4月2日はさくらまつりが開かれ、お団子や特製飴が振舞われます。

前年は3月26日から4月10日の18時00分から22時00分にかけては園内がライトアップされ、夜桜を楽しむこともできました。

2017年のライトアップの日程はまだ公開されていないので、おって更新します。

園内は常時開園のためいつでも立ち入ることができますが、標高が低くても山なのであまり夜遅くまで居座らないほうが安全かと思います。

開園情報

開園・閉園時間: 常時開園

定休日    : なし

料金     : 無料

アクセス

車で

名阪国道「針IC」から国道369号を笠置山方面へ車で20km。

電車で

JR関西本線「笠置駅」から徒歩約5分

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です