2017年桜名所100選 東京都「井の頭恩賜公園」の見ごろとイベント情報

桜名所100選から今回は東京都より井の頭恩賜公園のピックアップです。

”恩賜”とは元は宮内庁が所有していた土地が、公のものになり整備された公園のことを指します。つまり天皇から賜った公園ということです。

武蔵野市と三鷹市にまたがる公園で、現在は都立公園として市民の憩いの場として使われています。

2001年には公園の西側に三鷹の森ジブリ美術館が開館され、入場料を払えば誰でもアニメーションやスタジオの展示を見ることが可能となっています。

スポンサーリンク
336×280

2017年桜名所100選 東京都「井の頭恩賜公園」の見ごろとイベント情報

inogashirakouen

見ごろ

3月下旬から4月上旬まで

開花時期は若干前後する可能性があるため、公式ホームページを御確認ください。

みどころ

inogashirakouen2

井の頭恩賜公園の開園は大正6年。園内にある井の頭池の水は、水道が整備されるまで飲料水として使われ、長い間都民の生活を支え続けてきました。

園内にはソメイヨシノを始めとして、ヤマザクラ、シダレザクラなど約500本の桜が花を咲かせています。

井の頭恩賜公園のみどころは、やはり井の頭池のボートから眺める桜です。井の頭池の周りには約250本のソメイヨシノが密集しており、湖面から眺める桜はとても美しいです。

ボートはローボート、サイクルボート、スワンボートの3種類が用意されており有料です。

4月から7月の期間は10時00分から17時50分まで貸し出しをしています。ローボートは大人3人まで、サイクルボート、スワンボートは大人は2人までの定員のため、基本的には小家族かカップル向けです。

イベント情報

お花見期間は毎月行なわれているアートマーケッツがありません。

通常の期間であればライブや、アクセサリ、イラストの販売が行なわれ、井の頭公園をにぎわせているのですが、残念です。

開園情報

開園・閉園時間: 常時開園

ライトアップ :18:00~22:00

定休日    : なし

料金     : 無料

アクセス

車で

中央自動車道「調布IC」から都道114号経由6km20分。

または中央自動車道「高井戸IC」から井の頭通り経由20分。

電車で

JR「吉祥寺駅」から徒歩5分。

京王線「吉祥寺駅」から徒歩5分。

京王線「井の頭公園駅」から徒歩1分。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です