2017年桜名所100選 大阪府「万博記念公園」の見ごろとイベント情報

桜名所100選から今回は大阪府より万博記念公園のピックアップです。

万博記念公園は、1970年に開かれた大阪万博の跡地を整備して出来た公園です。

万博を知らない世代にとっては、桜などが綺麗で、変なモニュメントがそびえたっているという認識の公園ではないでしょうか。

一方、年輩の方にとっては、日本が世界でも急速に発展を遂げた時代でその象徴が大阪万博でした。万博記念公園には思い入れが強いという人も多いと思います。

スポンサーリンク
336×280

2017年桜名所100選 大阪府「万博記念公園」の見ごろとイベント情報

cherry-blossom_00002

画像はイメージです

見ごろ

3月下旬から4月上旬まで

開花時期は若干前後する可能性があるため、公式ホームページを御確認ください。 万博記念公園 見ごろの花

みどころ

cherry-blossom_00018

画像はイメージです

万博記念公園は1970年に開催された日本万博の跡地に建てられた公園です。

ソメイヨシノを中心として、9種・5500本の桜が園内を彩ります。敷地が広大なので桜の本数も一回り多く、見ごたえのある場所です。大阪でも屈指の桜スポットとなっており、花見シーズンには東大路はごったがえします。

万博記念記念公園にはバーベキュー施設があり、気軽にバーベキューを楽しむことができます。施設は事前の予約と別途料金が必要です。時間は10時~12時30分、13時30分~16時です。

万博桜まつり期間では17時30分~20時の時間帯も追加されます。

食材の提供はありませんので自前で持ち込むか、宅配業者へ頼むとよいでしょう。火器の持込は不可です。

3月下旬ならば、サイクルポート横のバーベキューコーナーから、少し歩けばソメイヨシノを見ることができます。

花見が4月ならば万博公園の自然文化圏の西側に咲く桜が見ごろです。カンヒザクラ、ヒガンザクラ、ヤマザクラ、シダレザクラといった種類の桜を見ることが出来ます。

イベント情報

2016年3月25日~4月9日のさくら祭り期間中は、18時00~21時00分にかけて東大路の桜がライトアップがされます。

万博のシンボルといえば「芸術は爆発だ」で知られる故岡本太郎氏によって製作された太陽の塔です。

闇の中ライトに彩られた夜桜と、その後ろにたたずむ太陽の塔を見ることが出来ます。

開園情報

開園・閉園時間: 9時30分~17時00分(さくら祭り期間は21時00分まで開園 16時30分以降は中央口、東口および日本庭園前のゲートのみ入園可能)

定休日    : 水曜(4月1日~GW、10月、11月は無給)

料金     : 大人250円、子供(中学生以下)70円

アクセス

車で

吹田ジャンクションから吹田より車で2分

電車で

大阪駅⇒御堂筋線(徒歩6分)⇒千里中央駅(21分)⇒モノレール千里中央(徒歩5分)⇒万博公園駅(5分)

大阪駅⇒阪急梅田(徒歩10分)⇒南茨木駅(18分)⇒モノレール南茨木(徒歩2分)⇒万博記念公園駅(5分)

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です