2017年桜名所100選 大阪府「造幣局 桜の通り抜け」の見ごろとイベント情報

桜名所100選から今回も大阪より造幣局 桜の通り抜けのピックアップです。

決して広い敷地ではありませんが、大阪駅から遠くない位置にあり、都心に居ながらにして桜が楽しめるスポットとして人気です。

自然と建造物がうまくマッチした独特な雰囲気が特徴的で、この造幣局でしか味わえない光景を見にやってくるという人も多いようです。

※造幣局が貨幣局となっていましたので修正致しました。(^^;)

スポンサーリンク
336×280

2017年桜名所100選 大阪府「造幣局 桜の通り抜け」の見ごろとイベント情報

http://www.rurubu.com/season/spring/sakura/img/sakura/P270001.jpg

(http://www.rurubu.com/season/spring/sakura/img/sakura/P270001.jpg)

見ごろ

4月中旬から4月下旬まで

開花時期は若干前後する可能性があるため、公式ホームページを御確認ください。 独立行政法人 造幣局

みどころ

http://www.mint.go.jp/wp-content/uploads/2014/03/sasagaoshidorizakura_H26.jpg

http://www.mint.go.jp/wp-content/uploads/2014/03/sasagaoshidorizakura_H26.jpg

明治4年から現在まで貨幣を作り続けている大阪の造幣局です。造幣局南門から北門への道の約560mが桜の通り抜けと呼ばれており、桜をみることができます。

大阪でも人気のあるスポットで、前年の観覧者は52万1千人と多くの方が桜を見につめかけています。

桜の通り抜けが出来る期間は3月下旬に発表されます。2016年は4月8日から4月14日までなので同じような日程になると思われます。

場所取りや飲食も不可なので花見はできません。そのかわりに造幣局の周辺には毎年屋台が立ち並ぶため、食い歩きが楽しめるようになっています。

桜は約130種、ヤエザクラを中心に約350本の桜を見ることが出来ます。ヤエザクラはソメイヨシノに比べて開花時期がやや遅いため、4月後半でも見ることができます。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201004/27/54/f0140054_1933910.jpg

http://pds.exblog.jp/pds/1/201004/27/54/f0140054_1933910.jpg

造幣局で見るべきなのは、夜になると灯されるガス灯です。

蛍光灯とは違いぼんやりとした優しい灯なのが特徴です。ノスタルジックな雰囲気はガス灯でしか再現できないため、今でも根強い人気があるようです。

ガス灯で使われるガスは、貨幣を作るときの余剰分が使われています。

イベント情報

桜の通り抜け期間は、日没にかけてぼんぼりで桜のライトアップが行なわれ、夜桜を見ることができます。昼間の綺麗な桜とはまた違った雰囲気が楽しめます。

開園情報

開園・閉園時間: 4月8日から4月14日 10時00分~21時00分(土日は9時から)※2017の予定は3月中旬に発表

定休日    : なし

料金     : 無料

アクセス

車で

車での来場不可

電車で

京阪天満橋駅・大阪市営地下鉄天満橋駅→徒歩15分

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です