SEABOB(シーボブ)日本初上陸のマリンスポーツで注目の的に!

2月も下旬に入り少し暖かくなってきました。

そんな中、テレビ番組では早くもオーストラリアのマリンスポーツを特集するものもあり、夏に向けて徐々にマリンスポーツ熱が上がってきています。

今回は、過去にマリンスポーツネタを書いていたことを活かして、今年は流行するだろうマリンスポーツからSEABOB(シーボブ)をまとめてみたいと思います。

初めてでも出来る!未体験マリンスポーツ5種!

スポンサーリンク
336×280

SEABOB(シーボブ)日本初上陸のマリンスポーツで注目の的に!

SEABOB

http://seabob-r.com/xpower/faq.html

コレまでのマリンスポーツとは一味違う

このマリンスポーツは乗るタイプではなく捕まるタイプです。

他のマリンスポーツとSEABOBが決定的に違うのは、なんと潜航可能な点!結構なところまで潜水できる性能があって、スペック上は40mまで潜航可能となってます。

40mと言ったら大体の海の海底まで届く距離です。スキューバダイビングでしか届かなかった海の世界にも、SEABOBなら手が届きます。

ちなみにこのSEABOB、通常の設定では安全のため潜行3m弱で止まるようにセーフティーが設定されています。

もちろん解除することも可能ですが、スキューバの資格を持った方の同伴が必要です。

潜水中の動きを見てみるともはや魚並み。

水中での起動は自由自在で、普通に素潜りしただけでは到底無理な軌道もSEABOBを使えば可能です。

水面で使えば時速20kmでイルカのような動き方をすることができます。アクセル全開なら海洋生物と並走することも出来そうです。

とんでもない動きをするSEABOBが船上から見られたら、その動きに驚かれること間違いなしですw

特別な技術は不要

このSEABOBを動かすのに免許は不要です。16歳以上の方であればどなたでも使用可能です。

操作方法は非常にシンプルで右手のグリップにあるレバーを握るだけ。方向転換のレバーはなく、加重で行います。

かなりの速度が出るため、振り落とされたらSEABOBだけがそのまま進むんじゃないか?と不安になった方。大丈夫です。

レバーを離すだけで加速も止まるため、水の抵抗でしばらくするとSEABOBも止まる安全設計。万が一SEABOBから手を離してしまっても大丈夫です。

SEABOBツアーは沖縄のみ

SEABOBは海外ではメジャーなマリンスポーツとして浸透していおり、地中海のセレブたちもSEABOBで遊んでいるようです。

日本に上陸したのはつい最近。まだほとんど知られていないマリンスポーツということもあり、海で使えば間違いなく注目の的になるでしょう。

現在日本でSEABOBに乗ることが出来るのは沖縄の津堅島のみ。個人で購入して使うこともできますが価格は120万越えします。

・・・・・・まさにセレブのスポーツ。気軽に手を出せる範囲ではないですね。

まだまだ気が早いですが、今年の夏は沖縄でSEABOBツアーがブレイクするかもしれません。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ぺこ より:

    動画みたけど、顔が水の抵抗で、メチャクチャ苦しそうw(動画内の男性割と無理してそう)酸素タンクをマシン本体に装着できなさそーだし、初心者には無理っほい
    顔と身体に抵抗がかからないようなカバーで、水流などの抵抗が減れば楽そうだけど、今のまんまじゃ(高速遊泳)やってみたいと、あまり思わないw
    多分、マシンが手から離れた瞬間、流れの強い所にいたらきっと溺れ死ぬw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です