「怪盗山猫」第2話レビュー「仲間を殺した山猫!?驚愕の真実」

皆さんこんにちは。

2016年1月23日放送の怪盗山猫第2話のレビューです。

1話では独特のギャグテイストとシリアスさが混じった展開でした。

視聴率もなかなか高めで評判もよかったようです。

まだ1話を見ていないひとは第1話レビューからチェック。

スポンサーリンク
336×280

「怪盗山猫」第2話レビュー「仲間を殺した山猫!?驚愕の真実」

http://www.ntv.co.jp/yamaneko/images/main.png

http://www.ntv.co.jp/yamaneko/images/main.png

細田(塚地)死亡!犯人は山猫?

第1話で山猫に連れられて拳銃で撃たれた細田ですが、2週間たって死体になって見つかりました。

遺体は銃撃されていて、真央は山猫が殺したものと思い込んでいます。

「怪盗山猫」第1話レビュー「土曜の夜をいただきます。義賊か悪党か!?天才怪盗、山猫参上」

山猫はのらりくらりと否定していますがやってない・・・・・・のかな?

このあと山猫の独自調査によりヤクザへ探りを入れていたため処分されたことが濃厚になってきました。

黒幕ユウキテンメイと山猫の関係は?

「コレ、中岡太一様ノ部屋ニ運ブヨウニ頼マレタノデスガ」

ホテルマン山猫の大根役者っぷりが酷いw

そしてホテルマンの制服のまま元組長・中岡の刀をヒラヒラかわしてユウキテンメイの居場所ついて聞きます。

1話の最後で名前だけ出ていたユウキテンメイは戦後最大のフィクサーと呼ばれていました。

そして何か因縁がありそうな山猫。俺の首はユウキなら高く買うだろうとも言ってますね。

その後に再度中岡と会っても

「ユウキテンメイにあってどうするつもりだ?」

「あいつからこの国を盗む」

の問答をしています。山猫の年齢的に戦後の巨匠と直接の繋がりがあるとは思えないですが・・・・・・。

関係があるとすれば父・祖父か知り合いがユウキテンメイと関係があったって所でしょうか。

そして最後に一瞬映るユウキの姿は完全にプレデター(゜Д゜;) ユウキは延命措置で100年間生き続けている怪物だったんだよ!!!

真央への本心がわからない

「道義とは体における骨のようなものである。骨がなければ頭はのらず、手は動かず足は立たず。才能はあっても学問があっても道義がなければまことにある姿とは程遠い。」

「盗みはするが奪いはしない、真央の普通の人生を奪っちまった」

山猫先生の武士道講座から読み取れるように義へのこだわりに並々ならぬものがありますが、今回の事件は真央を引き入れるための山猫の自作自演ということもあり、真央への気持ちが本心なのかイマイチわかりません。(多分本心なんだと思うけど多分)

山猫は基本的にのらりくらりしてるから本音がわかりづらいんですよね・・・・・・。

おわりに

山猫の気持ちがわからないので非常に感情移入はしづらいんですが、所々のギャグシーンで最後まで見れました。

特にヤクザへ頭突きか!?と思わせておいて耳を塞いでいた手を離させて「耳かあああああああ!!」からの怪音波は凄い笑えましたwww

あと、ホテルマン山猫に話しかけた先輩役の女の人。次回予告で女刑事と格闘していた人と似てるような気がするんですが、気のせいかな。カメラが遠くてちょっと判断できなかったです。

「怪盗山猫」第1話レビュー「土曜の夜をいただきます。義賊か悪党か!?天才怪盗、山猫参上」

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です