スペシャリスト第2話 レビュー 「いろはかるた殺人事件」

皆さんこんにちは。

第1話では視聴率が真田丸の次に高く、好スタートを切ったスペシャリスト。

内容もどんでん返しだらけで相当面白かったですが第2話ははたしてどうなるんでしょうか。

まだ1話を見てない人は、これを見ずして今期のドラマは語れませんよ!

第1話のレビューをチェック!

スポンサーリンク
336×280

スペシャリスト第2話 レビュー 「いろはかるた殺人事件」

http://www.tv-asahi.co.jp/specialist_2016/img/main.png

http://www.tv-asahi.co.jp/specialist_2016/

お約束のニート敏腕刑事宅間

仕事をしたがらない宅間が現場に出張ってくる・・・・・・凶悪犯罪か!?そんなわけもなく位置登録ゲームのためでした。だから仕事しろ。

すっかり主任役が板についている姉小路さん。

我妻さんもセキュリティカードを宅間の首にかけて「ピーッして!」ってお母さん状態。段々チームとしての一体感(?)が出てきました。

革新を急ぎすぎた会社

犬も歩けば棒に当たるの被害者はユキザワトーイという会社に勤めていました。

ユキザワトーイは老舗玩具会社でしたが、時代の流れかスマホゲーも手がけていました。

ゴールデンゾンビの取り方やセキュリティ違反で騒いでいたときもオフィスが少し映っていましたが、オフィスの一部にビリヤード台やが置いてあったり、フリーアドレスのスタイルをとっているようにみえます。日本ではこういう会社は少ないですね。

が、このオフィスは改革を急ぎすぎていたせいで会社内で軋轢が生じていました。その歪がCKという形で出てしまったと。

カルタのミスリード

捜査室でカルタ取りをする宅間一行。

我妻さんは話あきれ気味だけど、過去のスペシャリストではこういうヘンテコなものになぞらえて事件が起きているから困ります。

「スペシャリスト4」 あらすじ、ネタバレあり、放送日時も!

姉小路さんの「子供の頃にやったのと違う気がするんだけど」で何かあるとは思ったけどもやはりカルタは一種類じゃなかったんですね。

でもカルタの札の意味が途中まであっていたことや、被害者の名前と合致していることもあり、ミスリードに一発では気づけませんでした。

次回予告の予測が若干ネタバレになってしまった2話でした。

スペシャリスト第2話 次回予告「いろはかるた連続殺人事件」

おわり

さすがに1話ほどのどんでん返しはなかったですね。ですがカルタの話にしっかりトリックは仕込まれていました。

今回はソーシャルゲームの話題が出てきましたが、そこを取り上げるなら課金ガチャで破滅した人とかを絡ませる手があったんじゃないかと思います。

このドラマの良いところの一つは、比較的最近のリアルでの話題が取り入れられてるところだし、実際にソシャゲは消費者庁にクレームがいったりすることがあるみたいです。

みなさんもゲームにはのめりこみ過ぎないように・・・・・・。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です