「怪盗山猫」第1話レビュー「土曜の夜をいただきます。義賊か悪党か!?天才怪盗、山猫参上」

皆さんこんにちは。

2016年1月16日放送の怪盗山猫レビューです。

土9の新番組は視聴率を残せるのか?

亀梨くんと広瀬すずを呼んで話題性はばっちり、後は話の面白さが鍵です。

原作はそこそこ名前が知れているので脚本の責任が重大だ!

スポンサーリンク
336×280

「怪盗山猫」第1話レビュー「土曜の夜をいただきます。義賊か悪党か!?天才怪盗、山猫参上」

どっちが山猫のほんとの顔だ

いきなりの山猫リンチシーンから始まります。

ポケットには「BUSHIDO」の本が。えぇぇ・・・・・・華麗な怪盗番組じゃなかったのか・・・・・・。

と思いきや次のシーンではラーメンすすって華麗なワイヤーアクションでビルにスタイリッシュ侵入していました。

進入したビルの会社「シャイニングピース」は振り込み詐欺をやっていた模様。

しかし謎のハッカーに妨害にあいます。結局山猫は華麗に逃走するわけですが・・・・・・。

山猫は自分に関する記事を書いていた勝村を呼び出して、記事の真意を聞くと山猫に武士道を見たと応えられすっかり上機嫌に。

どうやら山猫さん「BUSHIDO」のキーワードにえらく弱いようです。なんだ・・・?ツンデレか?

ちゃらい山猫と、冒頭で武士道を語る山猫。どっちがほんとの山猫なんでしょうか。

アジトに連れて行かれる勝村

山猫のテンションが終始高いですが一応アジトに連れてきたのは理由がありました。

勝村が謎のハッカー「魔王」の正体をし知っているからというもの。魔王は女子高生・真央でした。

真央の家庭環境には情状酌量の余地があるものの、他人の人生をぶっ壊しているのも事実。個人的にはちょっと同情は出来ませんけども。

「我々の親に対する振る舞いは愛情だけが動機となるべきだが、これが欠けていた場合、愛情に代わる別の権威が必要となる。その権威として考え出されたのが義理である。」

山猫の台詞ですが、調べてみたところ、武士道の第三章「義」の一文のようです。

武士道の中で「義」は武士道の中でももっとも重要な道徳とされています。

山猫は武士道にえらく影響されているようですが、一体どういうことでしょうか・・・?

宣戦布告する山猫

真央の次の狙いは株の情報。機密情報をハッキングして株で大儲けということで動く山猫。

盗む金が黒ければ相手は警察に行けない。自分は義賊じゃなく犯罪者だという山猫。

山猫は真央と真央の父親に盗みに入ることを宣戦布告。

最初は変に真面目だなと思ったんですが、これ戦国時代の名乗りに似ていますね。

悪党の金を奪うだけなら多少の大義名分があるので宣告なしでもよさそうなもんですが、山猫は別の価値観で動いているようです。

華麗に進入して逃走

声紋認証をまねてセキュリティを突破する山猫。

すげー!どんな特殊技術だよ!・・・・・・実は真央がセキュリティ認証を解除していました。すげーと思った私が馬鹿でした。

俺が囮になる。逃げろ。(亀梨イケメンボイス)

山猫に騙されて案の定トカゲの尻尾切りされる勝村ww絶対こうなるとおもったよww

真央に問う山猫

盗みを罪とわかっていながら譲れないものがあるという山猫はアイデンティティを真央に問います。

シリアスモードの山猫ですがこれもやっぱり武士道の影響でしょうか?

武士道では主君がなんであれ仕えるのが忠義とされていたところがあるので、そういったことなのかそれとも全く別か・・・・・・。

情報不足でさっぱりわかりませんが、山猫の行動原理が難なのかは徐々に明らかにされていくいくんでしょうか。

ちょっといい話で真央をチームに引きずり込む山猫。

その一方で細田塚地に鉛玉をぶっぱなしました。・・・・・・これはあれだ、撃ったフリをして細田を安全にチームから除名するための芝居だったんだろ?と思っていましたが・・・。

冷酷な一面をもつ山猫にびっくりです。やはりただのチャラ男でなく何か芯がありそう。

おわりに

PVを見たとき実はあまり期待していなかったんですが、結構面白かったです。

山猫が何十億という金を盗んでいる割にカップラーメンとかの妙につつましい生活をしていたり、何か大きな目的のために金を集めているようにも見えます。(ただの好き好きかもしれないですが)

あと広瀬すずの縁起も悪くなかったです。少し前に事件を起こしたりしてましたが、やっぱり役者として能力とこういうのは別物ですね。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です