フラジャイル第1話 レビュー「僕の言葉は絶対だ!!正義と信念を貫く男が命を救う!!」

皆さんこんにちは。

フラジャイルようやく始まりました。

病理医という異色の病院ドラマですが、病院物は結構好きなのでつい見てしまいます。

漫画版を最初だけ読んだんですが、面白くてずっと気にしていたドラマです。

腕は確か、性格は最悪、そんな一癖ある病理医を長瀬くんが勤めます。

スポンサーリンク
336×280

フラジャイル第1話 レビュー「僕の言葉は絶対だ!!正義と信念を貫く男が命を救う!!」

http://www.fujitv.co.jp/FG/photo/mainvisual.jpg

http://www.fujitv.co.jp/FG/index.html

岸京一郎の人物像

いきなり宮崎(武井咲)にぶつかってもズイズイと進んでいく岸(長瀬智也)。

周りの医者からは「あいつの言うことは聞くしかない」「変人」など散々な言われようですw

されど彼が病院で大きな顔を出来るのは「極めて優秀な医師だから」。

冒頭のカンファレンスでも「あんたバカなのか」の暴言から始まりますが、結局主張が通っているのは病院が彼を必要としているからです。

「君達が医者でいる限り、僕の言葉は絶対だ」のとおり、自分の診断に自信を持っているようですが、定時に変えると見せかけて文献を漁っていたりと言葉を裏付けるだけの行動をしているからこその言葉でしょう。

人間関係は森井君との関係が結構面白いですw

普段相手をボロ雑巾にするほど舌戦が強い岸ですが、森君にはヒラヒラとかわされてジャブを返されていますw

そしてまどか(小雪)との関係も気になるところ。昔の女説など色々ありますが、まどかが足組んでるとちょっとエロすぎやしませんかね・・・・・・。

宮崎の人物像

診断結果に疑念があるけども結局言えず、カンファレンスでももじもじでした。

一方で普段避けられがちな岸に直接会いに行ったり、極めつけはMRIの箇所を書き換えたりとぶっ飛んでいました。

さすがに改ざんは覚悟を決めていたようですがw 病理に移る前に神経内科をやめるとか言い出すし・・・・・・猪突猛進型?

患者に直接会いたがらない岸とは対照的に、患者を良く気にかけるタイプなので岸とはデコボココンビなのかもしれませんw

マフィアキター!!

北王子さんが中熊教授役で出演。どうみてもヤクザです。ありがとうございました。

臨床医と病理医の対立

臨床医の藤原へ殴りこむ岸。全員こんなステレオタイプな医者な訳はないですが、全権限は俺にあるとは言わんばかりの臨床医です。

「病理ごときが口を出すな」とか言ってますしね。

でも患者からしたら助けてもらうのに臨床医も病理医もない訳で・・・・・・。

岸が超凄腕の病理医だけに診断でつまづいて苦悩するということは余りなさそうです。

こういった臨床医との対立がドラマのメインになってくるんだと思います。

おわりに

最後に患者に「自分は運が良かった。名医に当たって。」みたいなことを言われてましたがこれは切ない。

本来賞賛されるべきは岸や宮崎ですが、患者からは感謝されず、周りの医者からはいろいろ敵視され、良い事無しに思えます。

これだけ報われない病理医にも関わらず、岸が病理医を続けるのには何か理由があるんでしょうか?今後明らかにされるか気になりますね。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です