正月太りやデトックスに七草粥! 七草の栄養素は?ガン予防にも効果あり?

皆さんこんにちは。

クリスマス、忘年会、お正月と年末年始のイベントが続きます。

若い子はともかく年だから胃腸が・・・・・・という方へオススメしたいのが七草粥です。

正月明けの定番料理ですが、どういった効能があるかまとめました。

美味しくて健康になれる、そんな料理を食べないわけにはいきませんよねw

スポンサーリンク
336×280

正月太りやデトックスに七草粥! 由来と栄養素は?ガン予防にも効果あり?

nanakusa

七草粥とは

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」の7つを七草といいます。

スズシロは大根、スズナはカブのことです。漢字で書くと「芹、薺、御形、蘩蔞、仏座、菘、蘿蔔」です。読めませんね(^^;

江戸時代に広まった文化で、年初めに無病息災を願って食べられていました。

この時期はおせち料理などの食事で胃腸に負担がかかっているため、体に良い七草を消化のよい粥にして食べると効果的で、現在でも人日の節句である1月7日には七草粥を食べる風習が残っています。

七草の効能

セリ

ビタミンCやβカロテンが豊富で活性酸素を抑え、老化を抑制する作用があります。

食物繊維も豊富に含まれており、血糖値の上昇やコレステロールを排出する効果もあります。

さわやかな苦味が特徴で、きりたんぽ鍋にも良く入れられる野菜です。

ナズナ

アブラナ科の植物で鉄や葉酸が豊富に含まれています。赤血球を作るため重要な栄養素で女性にぴったりの栄養素です。

おひたしにして食べられることが多いですが、葉酸は水溶性のため炒め物のほうが向いています。

全国のいたるところに生えています。

ゴギョウ

ゴギョウにはのどの炎症を抑える効果があり、のどづまり、せきに効果があります。湿度の低下で粘膜が痛みやすい時期なので冬場に食べるものとしてはぴったりです。

全国のいたるところに生えています。

ハコベ

ビタミンAが豊富に含まれている野草です。

整腸効果が強力で、化膿を抑える効果があり浄血も期待できます。盲腸炎や歯槽膿漏、虫歯予防に効果があります。

全国のいたるところに生えています。

ホトケノザ

キク科の植物で、整腸効果があるとされています。

シソ科にホトケノザがありますがおいしくはありません。通常七草ではキク科が使われます。

スズナ

アブラナ科の植物で、カブの別名です。

スズシロ(大根)と同じくジアスターゼやペクチンが豊富に含まれており、消化を助ける効果があります。お正月の暴飲暴食で弱った胃に効きます。

スズシロ

アブラナ科の植物で、大根の別名です。

スズナ(カブ)と同じくジアスターゼが豊富に含まれており、胃を正常な状態へ戻す効果があります。辛味成分には抗ガン作用や抗菌作用があるとされています。

ガン予防にも効果あり?

七草にはアブラナ科の植物が3つ(スズシロ、ナズナ、スズナ)も含まれています。

アブラナ科に多く含まれる「グルコシノレート」という辛味成分は、酵素と合わさると「イソチオシアネート」という成分に変化します。「イソチオシアネート」は抗ガン作用が期待できる成分ということで研究が進んでいる栄養素です。

秋刀魚に大根おろしというのは定番ですが、炭化した発ガン性物質を抗ガン作用のある大根おろしで食べるというのは理にかなっているわけですね。昔の人は凄い。

おわりに

これだけ健康効果のある食べ物を正月明け以外に食べないのももったいないと思います。

デトックス効果のある日本古来の食事ということで積極的に食べてみてはいかがでしょう。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です