水10「フラジャイル」原作情報、あらすじ、放送時間、キャスト情報も!

皆さんこんにちは。

フジテレビのドラマ枠である水10ですが、なんと今回が最後のドラマとなるようです。

最後のドラマとなるのは「フラジャイル」。こわれものという意味だそうです。

病理医にスポットを当てたドラマですが病理医とはどんな職業なんでしょうか。

原作情報、あらすじ、キャスト情報、放送時間についてもまとめました。

スポンサーリンク
336×280

水10「フラジャイル」原作情報、あらすじ、放送時間、キャスト情報も!

原作情報

原作はアフタヌーン連載中の同名漫画です。

漫画は4巻までしか発売されていませんが、累計数は既に20万部を突破しています。

医療漫画といえば、難病に超技術を持った医者たちが手術で立ち向かう・・・・・・というのがお約束ですが、最近は多種多様な医療にスポットも当たっています。

産科医が主人公の「コウノドリ」 あらすじ

フラジャイルの主人公は病理医です。

聴きなれない言葉ですが、患者の組織を採取して観察し、病気の診断を行なう役割を担っています。

表舞台には立たないので認知度が低い病理医ですが、病理診断を誤ると見当違いの治療がされてしまうため、極めて責任の大きい仕事です。

主人公・岸京一郎

長瀬智也演じる岸京一郎は、極めて優秀だが、偏屈で患者のためなら衝突を厭わない、いわゆる変人。

白衣が正装の医者の中でいつもスーツ姿、病理診断で相手と意見がぶつかれば完膚なきまでに叩き潰すため敵も多い岸ですが、根っこにあるのは患者を救いたいという一心のみです。

不足する病理医

医者不足が叫ばれる昨今ですが、病理士は日本の医師の1%にも満たない慢性的不足状態です。

病院は病理医を複数以上多くのが原則。外国では臓器ごとに一人いるというのがお約束なのですが、日本では病院に一人、県に数人しかいないということもあるようです。

超高齢化社会となる日本では一人当たりの仕事量が増加するのは明白であり、病理医確保が至上命題とされています。

あらすじ

神経内科のカンファレンスで患者たちの症例が報告される中、会談から転がり落ちた一人の少女が取り上げられます。

椎間板変性の疑いがあると報告されますが、これに噛み付いたのがスーツの男・岸京一郎。

「椎間板症の根拠が薄い」「発熱や発心の関係性は?」「誤認の片棒を担がせるな」

次々と出る罵詈雑言に医者たちもたじたじ。それでも病院には岸が必要なのです。この極めて優秀な病理医が。

キャスト情報

岸京一郎には長瀬智也。13年ぶりのフジテレビ系のドラマ出演になります。

イケメン、長身、時として徹底抗戦の態度を貫く不遜とすら思える態度。ぴったりの人選じゃないでしょうか。

ヒロインの宮崎智尋には武井咲。フジテレビ系では初の医師役です。

内科から病理診断科に転科した医者ですが、岸に振り回されることもしばしば。それでも彼女のひたむきさが場を動かすことも・・・・・・。

他にも診療検査技師の森井久志には野村周平。美人外科医の細木まどかは小雪が脇を固めます

放送時間

2016年1月13日(水)22:00からスタートです。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です