ネットで年賀状注文!オススメサービスと料金のまとめ

もーういーくつねーるーとーお正月ー。あと30回程寝るとお正月ですが、年賀状の準備はお済みでしょうか?

不精な私はよほど中の良い人にしか出しません。

なので毎年枚数は少なく手書きでした・・・・・・が、マツコのCMをきっかけに年賀状サービスを探してみたところ面白いサービスがあるわあるわ・・・・・・。

ということで何件か紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336×280

ネットで年賀状注文!オススメサービスと料金のまとめ

eto-saru-hanko2-470x470

サービス一覧です。こんなにあるんですね年賀状サービス・・・・・・。

印刷価格(100枚) 基本料金 納期(最短) 宛名印刷 キャンセル
挨拶状ドットコム 約9000円 ※はがき代込 なし 2日後 ※写真仕上げは最短6日後 1時間以内
NET年賀状印刷 約9000円 ※はがき代込 なし 翌々営業日出荷 ※写真入りは3~4営業日 不可 不可
年賀家族 約8000円 10000円 注文日より5日 ※別料金で特急可 不可 24時間以内
アプリプリント 約5200円 1900円 情報なし 不可
Rakpo 約9000円 なし 注文から3営業日 未印刷でなければ可
しまうまプリント 約3000円 1800円 注文当日か翌日 30分以内
平安堂 約4300円 なし 受注後5営業日~7営業日 不可
ウェブポ 約8000円 なし 注文日の翌営業日にあて先へ発送 1時間以内
Yahoo!JAPAN年賀状 約8000円 なし 注文日の翌々日 不可
いんさつどっとねっと 約6000円 1000円 注文の翌々日 1時間以内

通常の印刷と写真印刷で値段違うところが多いですが、写真印刷の価格を載せています。普通の印刷だと1、2割安くなるところが多いです。

テンプレートによって値段が違うことも多いため、価格は参考程度に見てください。

印刷価格は印刷代、基本料、はがき代、etc(オプション、送料)の体系を取っているところがほとんどです。

下の表の印刷価格に特に記載がない場合ははがき代(1枚52円)がかかります。

この時期はキャンペーンが随時行なわれていて、基本料金や印刷が半額だったりするところが結構あります。なので公式ページでチェックしてみてください

挨拶状ドットコム

テンプレートのデザインがやや古風というか野暮ったい印象を受けました。文章の変更もできないものが多く、カスタマイズ性はちょっと残念なところがあります。

価格ははがき代込みの割りにかなりリーズナブルなので、安く済ませたい方にオススメです。

(ホームページ:挨拶状.com

NET年賀状印刷

文章は「謹賀新年」などの賀詞部分を変更するとはできず、副文の変更にとどまっています。カスタマイズ性はイマイチか。

料金は健闘しているため、お金をかけたくない人向けです

(ホームページ:年賀状印刷はネットスクウェアで

年賀家族

デザイナーが多く所属しており、テンプレートのセンスには目を見張るものがあります

アプリでテンプレートを選択してから使用する写真枚数をダイナミックに選択できるため、一枚でかでかと使ったり、複数枚散りばめたりといったことが簡単に試せます。俺が作ってるぜ感は一番ありました(笑)

基本料金が高いのが最大のネックです。デザインにこだわりのある人向きだと思います。

(ホームページ:【年賀家族2016】

アプリプリント

大元が写真専門店なので写真を扱いは手馴れたものだと思います。が、テンプレートのデザインがちょっと野暮ったいのは残念。

価格は写真年賀状が1枚48円と安いですが、基本料金とはがき代もかかることを考えるともうひと頑張りかなと思います。

宛名印刷は1枚30円からです。

(ホームページ:アプリプリント

Rakpo

写真調整機能が一番充実していました。簡単な図形を投入することもでき、写真を複数枚投入するもできます。

画像はレイヤーで管理しているようで、画像編集ソフトというとさすがに大げさですが、簡易的なパワーポイントぐらいの能力はありそうです。

キャンペーン期間中は印刷代が半額になるので確認してみて下さい。

(ホームページ:Rakpo

シマウマプリント

文章デザインの融通が結構利きます。サイズ、フォントはもちろん、文字揃えのレイアウトも弄れます。

年末はさすがに注文が込むと思いますが、発送がとても早いのが特徴です。

(ホームページ:年賀状プリント

平安堂

テンプレートは無難なものが多く、写真年賀より通常の年賀のほうが向いていそうです

年賀状のプロが校正してくれるオプションが300円と、文章で何時間も悩む方には非常にありがたいサービスがあります。

宛名印刷は1枚30円ですが、基本料金を追加で取られるのは惜しいところです。

(ホームページ:平安堂オンラインショップ

ウェブポ

日本郵便が連携しているサービスです。あて先にはがきを届けるまでノンストップでやってくれるのはさすがです。当然宛名印刷ができます。

最大の特徴はメルアド、Gmail、skype、twitterの連絡先がわかっていれば、住所がわからない人にも年賀状が送れることです。ウェブポから送り先に住所を記入するよう連絡が届きます。

値段が高いのが最大のネックか。こう言っちゃなんですが元国営と思えないほど面白いサービスだと思います。

(ホームページ:ウェブポ

Yahoo!JAPAN年賀状

まとめ割として10枚以上で10%、30枚で20%、50枚以上で30%とお得になっていきます。

年賀状作製アプリがスマホに最適化されているのが面白いです。手書き文字のスキャンなどもできて暖かみもプラス。

投函代行のサービスがあるもの嬉しい。PCよりスマホを使う割合が多い若者向きのサービスかもしれません。

(ホームページ:ネットで年賀状

いんさつどっとねっと

選べるデザインはあまり多くないですが、写真取り込みで回転ができるのは良いところです。

料金はかなり勉強して100枚で約6000円。宛名印刷も1枚28円で可能です。

(ホームページ:【いんさつどっとねっと】


こんなにあるとは・・・・・・多かったですが楽しかったです。

写真を選んでペタペタと張っているとクリエイター心をくすぐられます。テンプレート上で弄っているだけなんですけどね。

なかには面白いサービスもあって、世間の流れから置いていかれてるな自分と思うのでした。

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です