五輪エンブレム公募スタート!応募資格の大幅変更もあり

皆さんこんにちは。

皆さん東京五輪のエンブレム問題は記憶に新しいでしょう。

ようやくエンブレムのデザイン応募がスタートしました。

今回はグダグダにならないようにキッチリと管理委員会が仕事をして欲しいところですが・・・・・・。

募集要項が細かく、なかには良く判らない制限も。いったいどうなることやら・・・・・・。

スポンサーリンク
336×280

五輪エンブレム公募スタート!応募資格の大幅変更もあり

応募資格

結構変わっています。

  • 経歴不問
  • 2015年4月1日時点で18歳以上
  • 日本国籍および日本在住の外国籍の方(日本の住民票を持っている方)
  • 個人またはグループでの応募も可能 ※グループの場合、代表者が年齢・国籍を満たしていれば問題なし。個人が、個人、複数にまたがって応募した場合は無効

経歴不問ということで前回のデザイナー限定の厳しい条件からは一気にゆるくなりました。まさに一般公募です。

外国籍の方もOKということで、これも思いも寄らないアイデアがでそうです。

個人またはグループでもOKというのも面白いです。学校で作品を作ったりすることもできますし、面白い試みだと思います。

提出は応募サイトのみ。メールや郵便、直接持ち込みは出来ません。

提出様式

  • jpgとpdfで提出
  • 描画ソフトにより作成したものとし、手書きのスキャンや写真は不可

手書きスキャンは不可ってのは何の意味があるんでしょうか?

Q&Aでは

今回募集しているのは絵画作品ではなく、様々なツールや媒体での展開が可能なエンブレムのデザインです。最終的に採用された作品は前記のような展開を想定 しているため、作者にデジタルデータでの納品をお願いしています。手書きをスキャンしたままのデータでは編集可能なデータ形式とはなりませんので、描画ソ フトでデザインを作成していただく必要があります。

とありますが、手書きスキャンしてフォトショやイラレで加工していくのは至って普通のことだと思います。この場合はデータ形式としては問題ないはずですが、NGとなるのでしょうか。

ベクターデータを出せということなら始めから提出様式に書いていると思いますし、意図がつかめません。

受付期間

2015年11月24日~2015年12月7日

期間短いですね。せっかく一般公募したのだから期間に猶予は欲しかったですが・・・・・・。

審査について

前回はほぼ内輪だけでやっていることが大きな不信感を呼んでいましたが、今回はデザイン界以外からもいろいろな方を委員として呼んでいます。東京芸術術大学、武蔵野美術大学はもちろん、ホークスの王さんや、日産副会長などいました。


応募総数が半端じゃないと思うので、上手く捌けるか気になりますね。

そして前回は商標権・意匠権の調査で十分な対応だったか疑問が残るので、ここだけはきっちりやってほしいです。

2度目のデザイン応募でも駄目でしたとか前代未聞なので。

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です