日曜劇場「下町ロケット」第6話レビュー ロケットの次は心臓!夢破れまた夢を追う者

皆さんこんにちは。

日曜劇場「下町ロケット」第6話のレビューです。

あのロケット打ち上げ成功から、また新しい挑戦が始まります。

まだ前回を見ていない人は先にそちらをチェックです。

第5話のレビューをチェック!

スポンサーリンク
336×280

日曜劇場「下町ロケット」第6話レビュー ロケットの次は心臓!夢破れまた夢を追う者

帝国重工とロケットを打ち上げてから早3年。

袂を別った真野(山崎育三郎)から、相談があるので直接会いたいという手紙が佃(阿部寛)に届きました。

佃と山崎(安田顕)が手を回して再就職先を探していたことは真野に知られていたようで、今は没頭できる研究を見つけたようです。

よかった・・・・・・最悪の別れ方でしたからね。

佃製作所はロケットの製造に関わったことで業績を飛躍的に伸ばしていました。

懇親会では久々に財前(吉川晃司)との再開です。早速新しいバルブシステムの話をしようとしますが、次のバルブシステムはコンペで決めることになったとの話をされてしまいます。

財前は海外への出張が多く、現在ロケットについて実質的に取り仕切っているのは石坂(石井一考)でした。そして石坂から紹介されたのがサヤマ製作所の椎名(小泉孝太郎)です。

椎名はなんと元NASA。現在は父の後を継いで会社を経営しています。佃と同じような境遇ですね

そんな中、大手企業の日本クラインから新規依頼が舞い込みます

何かの弁のようですが、採算を取るにはかなり厳しい案件で、何に使うかも教えてはくれませんでした。しかし、大口顧客のチャンスということで引き受けることに。

予算の交渉に日本クラインに出向きますが、相変わらずの高圧的な態度です。大企業はひどいな!完全にステレオタイプですが。

その後、日本クラインが何を作らせようとしているか江原(和田聰宏)が突き止めました。弁の正体はなんと人工心臓でした!

人命に関わる部品のため、ロケット以上の性能が必要とされるものです。なかなか用途を教えてくれないのは企業が引き受けるリスクを嫌うからでしょう。

その頃、日本クラインはアジア医科大心臓外科部長・貴船(世良公則)と会食をしていました。

貴船は人工心臓・コアハートの開発を急いでいました。このコアハートが完成すれば時期学長の座はより安泰になるためです。

会食で日本クラインから紹介される椎名。椎名は佃製作所の作る弁より性能がよく、3割は安く出来ると啖呵を切ります。

佃製作所では弁の開発に苦戦していました。

開発の中里(高橋光臣)はイライラを回りにぶつけますが、佃、山崎にぶち切れられます。

なんとか試作品ができたものの、日本クラインは何食わぬ顔で改良版の製作を指示します。事前に話してもらうことも出来たはずなのにと佃は怒りますが、日本クラインは偉い強気です。

代わりの会社はあると言いたげな日本クラインに愛想を尽かした佃。交渉を打ち切ります。

が、山崎が改良版の設計図をみると驚きます。それは自分が試験的に設計した改良版と同じ形をしていたからです

帰り道、佃は椎名とすれ違います。まさか代わりの会社とは・・・・・・

中里は結局退職することになりました。別れの言葉を送るも中里には響いてなさそうな様子です・・・・・・。

中里の行き先はなんとサヤマ製作所でした。つまり中里が山崎の改良案をリークしたということです

真野が久々に佃製作所にやってきます。諸手の挙げての大歓迎です。佃もなんだか嬉しそう。

真野は北陸医科大の心臓外科医・一村(今田耕司)サクラダ社長・桜田(石倉三郎)を連れてきていました。真野の相談とは、北陸医科大で研究している心臓弁膜症の人工弁の作成を依頼できないかということでした。

日本クラインは人工心臓でしたが、こちらは人体に直接組み込む人口弁。サイズも一回り小さく難易度はそれ以上です。

開発期間の一部を自己資金で行なう必要がある上に、医療機具は訴訟などのリスクも高いです。さすがの佃も考えます。

日本クライン、椎名と貴船の会食ではサヤマ製作所製の人口弁の提案がされていました。その数値に歓心する貴船。

椎名が一村の名前を出して佃製作所に横槍を入れようとすると貴船は微妙そうな表情。過去になにかあったんでしょうか?

残念ですが佃は真野に断りの連絡をいれようとします。しかし引き下がらない真野。

財前に現場を見せて心変わりさせたように、一度見に来てほしいと福岡に誘います。

桜田は研究に没頭して事務所にほとんど寝泊りしている状態でした。

佃は資材を投じてまで研究をする理由があるのかと訊くと「罪滅ぼし」と答える桜田。

桜田の娘は心臓疾患で若くして亡くなっていました。父親として何も出来なかった自分、少しでも娘のような人を無くしたいと必死でした。

佃は桜田さんの悲しみは私なんかにわかるものじゃないと前置きします、

「悲しみや後悔をプラスに変える力が技術にはある」「あなたが贖罪でなく、夢と言えるように」

全力でそれをサポートしたい。

普段否定的な意見が目立つ唐木田(谷田歩)も娘を持つ身としてNOと言うことはできませんでした。

心臓弁膜症の人口弁開発「通称ガウディ計画」のスタートです。


ガウディ編始まりました。

大企業がほんとに嫌な感じです。まんまと対立構造にはまって見てます。

いろいろなところから夢というキーワードが飛びだしてきました。夢をかなえた人、諦めた人、追い続ける人、夢破れまた見つけた人。夢がいろいろな人を感化して原動力となっています。

技術というのは精密なエンジンみたいなもので、夢はゴール地点でもあり、ガソリンでもある。そんな風に感じました。

次回は早速資金難に陥ります。どうやってこのピンチを凌ぐのか?来週をお楽しみに。

← 第5話のレビューをチェック!

→ 第7話の次回予告をチェック!

→ 第7話のレビューをチェック!

 

ブログランキング

応援してくれると喜びのたうちまわります。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  

 

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です