2015年の締め旅行はニセコのスキー場で決まり!

今日本で最高に熱いスキー場をご存知でしょうか?

実は北海道のニセコスキー場(ニセコユナイテッド)なんです!

環境のよさから年々訪れる外国人が増え、リゾート地として中国やマレーシアから大きな関心が寄せられています。

町並みは日本の中にあるのに異国の街のようになっていて、とても不思議な感覚になります。今年の冬はココで決まりですね。

スポンサーリンク
336×280

2015年の締め旅行はニセコのスキー場で決まり!

niseko1

ニセコスキー場とは

札幌から南西へ100kmほど離れたところにある倶知安町。ニセコアンヌプリ山に設計されたスキー場がニセコスキー場です。

nisekomap

ニセコアンヌプリエリア、ニセコビレッジエリア、ニセコグラン・ヒラフエリア、ニセコHANAZONOリゾートエリアの4エリアによって構成され、これらはニセコユナイテッドと呼ばれます。

晴れた日はスキー場から羊蹄山を眺めることができ、その光景は絶景です。

北海道でもキロロやトマムに並ぶ有名なスキー場で、2000年台から海外の知名度が急激に高まっています。

パウダースノーが大人気

ニセコに人気の秘密は雪質にあります。

太平洋側で降る雪は海の水分を含んでいるためべっちょりする傾向が強いです。一方、日本海からの冷気は乾いているため、さらさらのパウダースノーが降りやすいです。

ニセコの雪質は世界的に良いことで知られていますが、豪雪地帯に指定されているだけあって、深雪の年間平均が世界2位と量も十分。まさに世界のスキーヤーが注目するスポットなのです。

日本にいながら異国気分?

前述した雪質の良さと、9.11テロでのアメリカ・カナダへの旅行を避ける機運、そして時差があまりないことから選ばれ始めたのがニセコでした。

今では日本人は店員だけ、他は外国人といわれる程外国人の旅行客が多い都市になりました。

ニセコもそんな外国人のために、レストランのメニューやスキー場の看板といったものが英語表記メインにしたため、日本にいながら日本でない雰囲気が味わえます。

http://img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/500/20/94/90/500_20949022.jpg?1292321094

http://4travel.jp/travelogue/10528472

高級ホテルもニセコを放っておかず

先日、リッツ・カールトンを運営しているマリオット・インターナショナルが、シェラトン、ウェスティンといった大手ホテルの運営を行なっているスターウッド・ホテルズを買収したというニュースが世間を騒がせました。

世界最大のホテル経営会社となったマリオットですが、ニセコ地区に裕福層向けの宿泊施設「リッツ・カールトン」を建設することが明らかになりました。(2015.11.21 日本経済新聞

ニセコの時価総額はずっと上がりっぱなしということですし、今後もリゾート地としての建設は続きそうです。

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です