紅葉狩り 2015年の紅葉前線を追いながら名所のまとめ(11月下旬 九州編)

皆さんこんにちは。

2015年の紅葉前線を追いながら名所をまとめました。

前回11月下旬は関東地方1関東地方2の紹介でした

今回は同じく11月下旬の九州を紹介です。

時期的には北九州がメインになります。福岡からだと行き易そうですね。

スポンサーリンク
336×280

紅葉狩り 2015年の紅葉前線を追いながら名所のまとめ(11月下旬 九州編)

おなじみの紅葉前線の図です。北九州がメインとなります。

japan

11月21日~11月30日

佐賀県からは九年庵です。

実業家、伊丹弥太郎の別荘・庭園で、国の名勝に指定されています。名前の通り、完成までに9年の歳月かかかっているため九年庵の名前が付けられました。

春は植えられた紅葉は400本以上、約40種類の苔も育っており、赤と緑のコントラストが美しい庭園となっています。

http://kanzaki.sagan.jp/kanzakiblog/wp-content/uploads/2013/01/kunenan-aki.jpg

http://kanzaki.sagan.jp/kanzakiblog/?attachment_id=799

一般公開は11月15日~11月23日 8時30分から午後4時までとかなり短いです。

アクセスは東脊振ICから車で焼く10分。電車ではJR紙埼駅から路線バスで九年庵駅下車です。

福岡県からは秋月城跡です。

元は秋月藩の黒田長興が建てた城でしたが、豊臣秀吉に破れ、転封したため秋月城は廃城になりました。これを改修したものが現在の秋月城跡です。

既に城はありませんが、大手門である黒門や裏手門である長屋門、石垣などが残っています。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/53/e0/731f024dccafc2ba475a72638a9a78ed.jpg

http://blog.goo.ne.jp/ctee3e2d/

これまで山や渓谷に囲まれたモミジや、お寺、庭園に植えられたカエデはありましたが、城門跡の紅葉風景というのはとても新鮮な景色です。

秋月城門には堀や石垣、門といった建築物もあり、他の名勝とは一味違った紅葉が楽しめます。

アクセスは車では大分自動車道甘木ICより約20分。甘木駅中央からバスで約20分、郷土館前下車です。。

長崎県からは雲仙岳です。

雲仙岳はカルデラ湖の周辺にある普賢岳、国見岳、妙見岳、衣笠岳、高岩岳、野岳、矢岳、九千部岳の8つの総称として呼ばれる名称であり、雲仙岳という山自体はありません。ですがその知名度は全国区かと思います。

1991年には大規模な噴火が発生し、火砕流、火山灰で周辺地域に大きな被害が起きました。

http://unzen.org/about/img/tab3_3_img1.jpg

(http://unzen.org/about/season.html)

そんな荒々しい出来事とは別に、四季には毎年変わらず美しい姿を見せており、紅葉の季節は燃え上がるような赤色で山が染め上がります。

周辺には雲仙地獄と呼ばれる蒸気の立ち上る地帯もあります。温度が高すぎて浸かることはできませんが、黙々と吹き上げる白い蒸気はまさに地獄のようです。

アクセスは長崎自動車道諫早ICから雲仙方面へ約60分。電車では諫早駅のターミナルから島鉄バスで雲煙営業所まで約80分です。

← 11月下旬は関東が見ごろです。(関東編2)

猫とYシャツと私 HOMEへ
スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です